日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Spiral/Hiromi(上原ひろみ)
2009-09-12-Sat  CATEGORY: CDレビュー(上原ひろみ)

   上原ひろみ - Spiral

※ 「 iTunes 」未インストールの方は「 HMV ONRINE 」サイト内にて試聴可能です。


1. Spiral 2. Open Door - Tuning - Prologue
3. Deja Vu 4. Reverse 5. Edge
6. Old Castle, by the river, in the middle of a forest
7. Love and Laughter
8. Return of Kung-Fun World Champion
9. Big Chill (日本盤のみBounus Track)





 前作「 Brain 」に引き続き「 Martin Valihora(ds) 」「 Tony Grey(b) 」が参加しての「 ピアノ・トリオ 」編成で収録された「 2006年 」発売の3rdアルバムで、収録曲も全て上原本人のオリジナルです。

 ワンタッチごとに緊張感が伝わってくるような「 ピアノソロ 」で始まる「 オープニング&タイトル・チューン 」の  は、将に3人のプレーヤー達が「 スパイラル(渦) 」に巻き込まれた様を表したようなドラマティックな展開の幻想的バラードですが、曲の構成の素晴しさも然る事ながら、初っ端からテクニック全開の3人の見事なプレイが光る、タイトルナンバーに相応しい傑作。

 まるで「 ドビュッシー 」や「 ラヴェル 」といったクラシックの印象派が書いたピアノ曲の様な、前曲に続く10分超えの大作  、ワルツ風の3拍子で始まり、その後は複雑なリズムチェンジを繰り返しながら展開していく  、激しいタッチのピアノ・プレイが際立つUPテンポのテーマパートとアヴァンギャルドさ全開のインプロヴィゼーションが印象に残る  、テーマパートから上原の早弾きプレイが連発し、感化されたかの様にマーティンも驚愕のドラミングを披露している  と、これら「 アコースティック・ピアノ 」中心のナンバー ②~⑤ には「 Music For Three-Piece-Orchestra 」のサブ・タイトルが付けられてますが、特に「 Music For Three-Piece-Orchestra 」での上原からは、スタイルの違いこそあれどジャズピアノの鬼才「 Keith Jarrett 」に通じる何かを個人的に感じます。

 「 アコースティック・ピアノ 」本来の魅力を最大限に引き出したと言っても過言でない、壮大で美しい極上バラード   は、名門「 バークリー音楽院 」の「 作・編曲科 」を主席で卒業した上原が、その実力を十二分に発揮した真骨頂とでも言うべきワンテイク。

 シンコペーションのリズムが心地好いブルース調のナンバー   は、彼女の1.stアルバム「  Another Mind 」にもプロデューサーの一人として名を連ねている、上原のデビュー時からの恩人であるジャズ・ピアニスト「 Ahmad Jamal 」に捧げられたナンバーですが、曲調からは常に笑顔を絶やさない優しい性格だというアーマッドの人柄が伝わってきます。

「 ⑦ Love and Laughter (LIVE) 」




 ピアノに次ぐ上原の愛器「 ノード・リード(アナログ・シンセサイザー) 」を駆使した  は、「 ブルース・リー 」や「 ジャッキー・チェン 」の大ファンである彼女が、彼らをイメージして書いた前作「 Brain 」収録の「 Kung Fu World Champion  」の続編とでも言うべきナンバーで、Live演奏では最高の盛り上がりを見せる上原流「 テクノ・ジャズ 」。

 尚、当方が所持しているDVD付きの「 限定版 」を含め、全ての「 国内盤 」には、変拍子大好き(笑)の彼女にとっては比較的珍しい、基本的にスタンダードな4ビートで進行するピアノ・ジャズ・バラード  がボーナス・トラックとして収録されてます。

 次作「 Time Control 」以降はギタリスト「 David Fiuczynski 」を加えた「 カルテット 」で活動し始めるのですが、当アルバムまで「 3人で演奏する音で、オーケストラのような音楽をつくりたい 」と公言していた上原にとって「 Spiral 」は、その目的を達成したのでは?と思えるほどの豊かな表現力が際立つ作品です。

 同じJAZZ系とはいえ、一応「 SmoothJazz 」をメインと謳った当ブログで、かなりベクトルの違う音楽性の「 上原ひろみ 」を取り上げる事に多少躊躇しましたが、どちらも今の自分にとって絶対に欠かせない音楽である事には変わりなく、これから彼女の全作品のレビューを徐々にではありますが投稿していくつもりです。

 自分の中では「 Time Control 」と並ぶ「 上原ひろみ 」の二大傑作である今回の「 Spiral 」に対する評価は、文句なしの「 ★★★★★ 」です。






ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
Time Control/Hiromi’s Sonicbloom
2009-08-02-Sun  CATEGORY: CDレビュー(上原ひろみ)

   Hiromi - Hiromi's Sonic Bloom: Time Control

※ 「 iTunes 」未インストールの方は「 HMV ONRINE 」サイト内にて試聴可能です。


1. Time Difference 2. Time Out 3. Time Travel
4. Deep into the Night
5. Real Clock vs. Body Clock = Jet Lag
6. Time and Space
7. Time Control, Or Controlled by Time
8. Time Flies 9. Time's Up





 今年に入って「 The Stanley Clarke Trio 」のメンバーに選ばれるという大抜擢を受け、スタンリー初のストレート・ア・ヘッド・ジャズ・アルバム「 Jazz in the Garden 」に参加し、更に今年9月には彼女にとって初めての全曲ソロ・ピアノ作品「 プレイス・トゥ・ビー 」もリリース予定と、今ノリに乗っている日本人女性ジャズ・ピアニスト「 上原ひろみ 」が前作「 Spiral 」までのピアノトリオ編成のレギュラーメンバーに、彼女のデビュー作「 アナザー・マインド 」にも参加していた日本でもコアなファンを持つ「 ジャズ・パンク 」系ギタリスト「 David Fiuczynski 」を新たに加えた「 Hiromi’s Sonicbloom 」名義で「 2006年 」に発表したアルバムです。

 早速新加入のフューズ(D.フュージンスキー)のギターと上原のアコースティック・ピアノがバトルしているかの様なテーマ・パートで始まる  では、上原によるキーボード・シンセの「 インプロ(ヴィゼーション)・プレイ 」⇒上原とフューズの「 インター・プレイ 」⇒フューズの「 インプロ・プレイ 」と進行していく中盤の展開が聴きどころ。

 超複雑・難解なビートを易々とこなすリズム陣と、フューズ得意の「 ワウ・ギター 」が栄えるグルーヴィーな曲調の  は、そのフューズは勿論、負けじと上原も驚愕の「 インプロ・プレイ 」を聴かせてくれる、このアルバムでの個人的フェイバリット・チューン。

「 ② Time Out (LIVE) 」




 幻想的な曲調の中、現在の若手ジャズ系ミュージシャンの中でもTOPクラスの実力を誇る4人の凄さがビシビシ伝わってくる   では、上原自身が影響を受け、尊敬しているレジェンドのひとり「 Chick Corea 」を髣髴させる「 エレキ・ピアノ 」のプレイが、特に自分のツボにハマってます。

 美しい旋律とドラマチックな雰囲気を併せ持つ、映画やTVドラマのサントラなども手掛ける上原らしいスケールの大きさを感じさせる魅力的なバラード   では、彼女の本流とも言える「 アコースティック・ピアノ 」の調べを思う存分堪能できます。

「 ④ Deep into the Night (LIVE) 」




 上原曰く「 体内時計と実際の時間のズレ 」を表現したという、対比的な二面性を持った曲調がユニークな  、聴いてるうちに幻惑される気分に陥りそうな不思議な雰囲気を持つ  に続く、上原とフューズによる早弾きフレーズのリフの繰り返しで始まる  は、「 プログレシブ・ロック 」の様な曲調に、メンバー4人それぞれの「 ソロ・プレイ 」がフューチャーされた、テクニカル感が伝わってくるナンバー。

  と同様「 アコースティック・ピアノ 」の調べの美しさも印象的な、映画の挿入歌でも可笑しくない程の極上バラード・ナンバー  、そして最後を締め括るのは、まるでレコーディング中のメンバー達の「 悪ふざけ 」をそのまま収録してしまった?かの様な「 46秒 」のテイク  ですが、この  の持つ意味は次回作の「 ビヨンド・スタンダード 」を聴いて頂ければ分かります(御存じない方には申し訳ありませんが、一応今回は内緒にして置きますw)。

 尚「 国内盤 」に限り「 アコースティック・ピアノ 」メインの、美しさとアヴァンギャルドな雰囲気を併せ持った「 12分超え 」の大作バラード「 Note From The Past 」がボーナス・トラックとして収録されてます。

 アルバム・タイトルと各曲名で「 時間(Time) 」をテーマにしている事は理解して頂けると思いますが、彼女の既作と同様バラエティに富んだ作風ながら、個人的に前作の「 Spiral 」と当アルバムの場合、全体を聴き終えると1本の良質な映画を観た様な統一感と満足感を常に感じています。

 耳当りの良い聴き易さが必須(?)の「 SmoothJazz 」とは或る意味対極なスタイルの音楽かもしれませんが、ファンとして1人でも多くの方に「 上原ひろみ 」が創造する世界を体験して頂きたく、まずは純ジャズファンには「 Spiral 」を、フュージョン・スムースジャズなどがお好きな方には当アルバムをオススメしたいと思います。

 今回の「 Time Control 」に対する自分の評価は「 ★★★★★ 」ですが、何と言っても「 上原ひろみ 」の一番の魅力は生LIVEだと思うので、当アルバムの収録曲がメインだった2007年末の「 TIME CONTROLツアー 」に於ける、運良く自分も14列目という好席で体験出来た最終日の「 12月9日 東京国際フォーラム 」でのライブの模様を収録したDVD「 上原ひろみソニックブルーム・ライブ・イン・コンサート 」で少しでもライブの雰囲気を味わって頂くのも良いと思います。






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント0
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。