日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分で自分を褒めてあげたい?
2009-03-29-Sun  CATEGORY: 日記(ジョギング)
 今週は忙しくて、毎日帰宅は夜10時近く(泣)。  ヽ( TдT;)ノ

 「 ジョギング 」に関して、出来れば毎日、最低でも2日以上連続して走らない日を作りたくないと思っているのですが、まだまだ山ほど在る手に入れたい「 SmoothJazz 」のCD購入資金の捻出など、毎月の決められたお小遣では足りない現状ゆえ、帰宅後から就寝時間までの間に、出来る限りの

「 ECナビ 」
お得なポイント貯まる!ECナビ

等の登録中の「 ポイントサイト 」での日々のポイント稼ぎや、「 アンケートサイト 」の

「 マクロミル 」


などから依頼されたアンケート回答など、以前の当ブログのメインテーマだった、所謂「 サイト稼ぎ 」に於ける、先送り出来ない作業をこなさなければなりません(汗)。  ■_ヾ(^^;)

 そこで、残業続きになる今週の「 ジョギング 」時間を捻出するため、朝が弱い事に関して、大抵の方には負けない自信が在るw自分が、いつもより1時間早起きする決意をし、早速火曜日から、自宅周辺を30分程度走る「 早朝ジョグ 」を始めました。

 北風吹く小雨の中、まだ半分寝ている状態のお陰か?寒さ・辛さも大して感じず、無難に「 ジョギング 」をこなし、終了後は、急いで暖かい風呂に入った頃には、やっと目も完全に覚めた感じになりました。

 普段は、パンを牛乳かコーヒーで無理やり流し込むだけの朝食も、少し余裕を持って味わいながら食べることが出来ましたし、昼間も、思ったより寝不足等の影響も無く、むしろ気分的にスッキリしている感じも♪♪

 「 これはイイかも? 」と、水・木曜と寝ぼけ眼で同じ様に「 早朝ジョグ 」をこなし、朝が超苦手な自分が、早起きして頑張ってる事に「 自分で自分を褒めて上げたい!! 」などと調子に乗っていたら?・・・・・

 案の定、金曜日は寝坊して走れず、自分の優柔不断で意志の弱い根性の無さに呆れつつ、結局「 早朝ジョグ 」は「 三日坊主 」で終わりそうです。  ミ(ノ;_ _)ノ

「 ECナビ 」の解説へ
「 マクロミル 」の解説へ






ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
Just Around The Corner/Eric Marienthal
2009-03-22-Sun  CATEGORY: CDレビュー(SmoothJazz)
 
    Eric Marienthal - Just Around the Corner
 「 iTunes 」未インストールの方は、「 HMV  」サイト内にて試聴可能です

1. Blue Water  2. Times Square  3. Flower Child
4. Open Road  5. 21 Ocean Front  6. Just Around the Corner
7. I Believe in You  8. Dance with Me  9. Your Move
10. Lost Without You



 「 iTunes 」経由のインターネットラジオで聴いたタイトル曲の  が、一時期熱中して聴いていた「 Chick Corea's Elektric Band 」でのマリエンサル(転調・変拍子連発のアヴァンギャルドな曲調に、周りの技巧派プレイヤー達にも負けてない超絶なプレイ)と、あまりにも違い過ぎる事に驚きつつも、どうしても頭から離れず、去年の秋に初めて「 Smooth Jazz 」を意識して購入した3枚のCDの内の1枚です。

 このアルバムは、マリエンサル自身が「 Smooth Jazz 」界の若き天才キーボード奏者の「 Brian Culbertson 」のツアーメンバーとして参加した事を通じて、次の自分のアルバムでも「 彼の様なSoulfulでFunkyかつPopな音楽がやりたい!! 」と思い、カルバートソン本人に総合プロデュースを頼んで完成した作品なのだそうですが、カルバートソンのセンスの良さは十二分に発揮されていると思います。

 また、良い意味で肩の力が抜けた「 Smooth Jazz 」というジャンルを演奏しているマリエンサルのSaxの音色を改めて聴くと、普通は相反する筈の「 爽やかさ 」と「 色っぽさ・艶っぽさ 」が高レベルで共存している、将に「 Smooth Jazz 」にはピッタリの音ではないでしょうか?

 「 ジョギング 」時に聴くにもピッタリな  は、マリエンサルの「 爽やかさ 」を十二分に味わえるPopなメロディラインのナンバーで、おそらく100回以上聴いた現在でも、またすぐにでも聴きたくなる位、個人的にハマってしまった曲なのですが、テーマパートでマリエンサルのSaxを(主旋律の)ユニゾンとバックコーラス的な別メロディをオーバーダブしている手法が、この曲の心地好さを、より引き立てているように感じます。

 逆に「 色っぽさ・艶っぽさ 」が引き立ったアーバンな雰囲気が漂う、マイナー調のブルージーなナンバー ③ ⑨ 辺りでは、マリエンサルと大物キーボード奏者「 Jeff Lorber 」とのアンサンブルや、絶妙なインプロヴィゼーションも堪能できる、「 Contemporary Jazz 」的な要素・技巧を好む方にも満足して頂けそうなアレンジに仕上がってます。

 更に「 爽やかさ 」と「 色っぽさ・艶っぽさ 」が、共に際立っていると感じられる、メロディ・アレンジ・Saxの音色の全てが悶絶するほどに美しい絶品バラードナンバーの  も、  と同じ位、個人的に大ハマリしてしまった曲で、まるでマリエンサルのSaxの音が語りかけてくるような錯覚さえ憶えます。

 勿論、それ以外の収録曲全てが自分にとってはハズレ無しの名曲揃いで、実際にインターネットラジオの「 SKY.fm 」の「 Smooth Jazz 」チャンネル辺りでは、発売から1年以上経過した現在でも、殆どの曲が頻繁にOnAirされています。

 自分自身が「 Smooth Jazz 」好きになる大きなきっかけとなり、CDを入手して約半年経った現在でも「 ジョギング 」時に限らず、少しも飽きる事無くヘビーローテで愛聴し続けている「 Just Around The Corner 」に対する評価は・・・・・?

当然、満点の五つ星「 ★★★★★ 」です。


「 ⑥ Just Around the Corner 」







ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント0
Rippingtonsの新譜キター!!!!!
2009-03-14-Sat  CATEGORY: 日記(音楽)
 今月発売のぉ~、「 Rippingtons 」のNew Album

 「 Modern Art 」


がぁ~、Kickのところに~♪

キタァ━*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(≧∀≦)ノ・*:.。. .。.:*・゜゚・*━!!!!!


という訳?で、「 タワーレコード 」のネット通販サイトへ発売前予約していたCDが、先日11日に届き、この記事を書いている週末の今、自分の部屋でじっくりと初「 Modern Art 」を堪能しております。  ρ(ーoー)♪

 現在も、このブログ中断前と変わらず、住宅ローン返済の為に、毎月僅かな小遣いを遣り繰りしている自分にとって、試聴や、すでにアルバムを聴いた他の方によるレヴュー等を参考にせず、いきなり発売前のCDを予約するという行為は「 清水の舞台から飛び降りる 」に等しいのですがw・・・・・

 1回聴いてみた限りでは、相変わらず安心して楽しめるCatchなメロディの、「 ジョギング 」中に聴くにもピッタシな爽やか「 Smooth Jazz 」ってな感じで、今年に入って発売前に予約購入した、もう1枚のCDである「 Boney James 」の

 「 Send One Your Love 」



と同様に、(自分にとっては)大当たり!だった様で、ホッとしました♪

 ゆくゆくは、このブログにオキニの「 Smooth Jazz 」や「 Fusion 」系のアルバムレヴューを投稿したいと考えてますが、間違いなく上記の2枚は、候補になると思います。

 来月も、FunkySmoothJazzの美人SaxPlayer「 Candy Dulfer 」や、70年代から活躍している老舗グループの「 Spyro Gyra 」など、気になる新譜の発売を控えているのですが・・・予約しちゃうんだろうなぁ(失笑)。






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント2
SmoothJazzファンになったキッカケ
2009-03-03-Tue  CATEGORY: プロフィール
 今回は、自分の「 音楽ファン遍歴 」と共に、「 Smooth Jazz 」を聴き始める事になったきっかけを話してみたいと思います。

 10代の頃に友人の影響で「 ブラック・コンテンポラリー 」や「 ソウル・R&B 」など、「 HipHop 」系が台頭してくる以前の「 ブラックミュージック 」と呼ばれる類の音楽を聴く様になるのが、自らCDを購入してまで音楽を聴く様になる初めての出来事でした。

 その後、大学時代のバイト先に居た人の影響で、今度は「 モダン・スタンダードJazz 」に興味を持ち始め、色々なJazzアルバムを聴き漁るのは勿論、時間とお金が続く限り(笑)JazzLIVEにも頻繁に出掛ける程、「 モダン・スタンダードJazz 」に傾倒していきます。
(その辺の事情を詳しく知りたいという酔狂(失礼w)な方は、未だ放置中のMy別ブログ「 jazz好きなド素人のBLOG 」を御覧下さい)

 そんな(音楽に関しては)「 モダン・スタンダードJazz 」漬けの日々を送っていた数年後、「 マイルス・デイビス 」と共演していた「 ジョー・ザヴィヌル 」「 チック・コリア  」「 ハービー・ハンコック 」等のプレーヤー達が参加している「 Fusion 」系のアルバムにも手を伸ばし始め、徐々に嗜好が「 モダン・スタンダードJazz 」から「 Fusion 」へと変わっていきます。

 「 Fusion 」に関しては、Jazz色の強い硬派なものから、聴き易い「 ライトFusion 」と呼ばれるものまで、年代も未だ「 クロスオーバー 」と呼ばれてた70年代の作品から、おそらく日本で「 Smooth Jazz 」というジャンルが定着するかどうか?辺りの90年代の作品まで、夢中になって聴き捲っていたのですが・・・・・

 何故か突然「 Fusion 」熱が冷め、再び音楽の嗜好が「 モダン・スタンダードJazz 」の戻るのとほぼ同時期に、「 2/22投稿の記事 」にも書いた通り、仕事の多忙さに音楽に勤しむ時間は激減し、購入するCDは年に数枚、LIVEに出掛けるのも1年に1回有るか無いか?程度になり、その後の転職で時間に余裕が生まてからも、CD購入やLIVEへ出かける頻度は大して変わらないLightな「 モダン・スタンダードJazz 」ファンという状態が、つい最近まで続きます。

 そして去年の秋頃から再開した「 ジョギング 」の際、音楽を聴きながら走る様になったのですが、それまで所持していた色々なジャンルのアルバムを聴き比べながら走ってみたところ、「 Earl Klugh 」や「 Spyro Gyra 」などの「 Light Fusion 」系が一番心地よく走れると感じ、他に同じような傾向の楽曲を探すなら、今なら聴き心地を重視した「 Fusion 」の発展系である「 Smooth Jazz 」が良いだろうと思い立ちます。

 そこで、主に「 iTunes 」を利用して視聴や「 Smooth Jazz 」専門のネットラジオを聴いた上で、「 ジョギング 」しながら聴くには合いそうだと思った曲の入ったアルバムの中から、手始めに「 Eric Marienthal 」の

「 Just Around The Corner 」
 


など、数枚のCDを購入してみたのですが、思った以上に「 ジョギング 」中に聴くと気持ちイイ♪曲が多く、更に数枚の「 Smooth Jazz 」CDを追加購入する頃には、単に「 ジョギング 」しながら聴く音楽というだけではなく、「 Smooth Jazz 」というジャンルその物に夢中になってしまいました。

 現在でも、自宅での余暇時間の大半は、CDやネットラジオで「 Smooth Jazz 」を聴いている程に熱中しているので、自分の好きな事を勝手気ままに書く自己中「 趣味ブログ 」としてリニューアルした当ブログでも、暫くは「 Smooth Jazz 」の話題が中心になると思います。

 ニワカの初心者「 Smooth Jazz 」ファンである自分にとっては、このブログで「 Smooth Jazz 」に詳しい諸先輩ブロガーさん達と交流させて頂くことで、自分の知らない新たな知識や魅力などを教えて頂きながら、当ブログを通じて一人でも「 Smooth Jazz 」を聴いてみようと思って下さる方が現れる様、切に願っております。  (*^ - ^*)ゞ ヨロシクネ♪






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント0
<< 2009/03 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。