日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Spice of Life/Earl Klugh
2009-08-29-Sat  CATEGORY: CDレビュー(Earl Klugh)

   Earl Klugh - The Spice of Life (Bonus Track Edition)




1. Ocean Blue 2. Sleepyhead 3. Canadian Sunset
4. Venezuelan Nights 5. Driftin' 6. Snap!
7. Bye Ya 8. Heart of My Life 9. Morning in Rio
10. C'est Si Bon 11. Lucy's World
12. My Foolish Heart 13. Toy Guitar





 「 2005年 」発売の前作「 Naked Guitar 」は「 ソロ・ギター 」作品だったので、バンド形式でのリーダー作としては「 Roberta Flack 」のゲスト参加が話題となった「 Peculiar Situation 」以来、実に8年ぶりとなる「 2008年 」発売の「 Koch Records 」移籍第2弾アルバムです。

 「 Sounds and Visions, Vol. 2 」で共演した「 ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ 」の様な「 フル・オーケストラ 」では無いですが、このアルバム収録曲の約半数位に「 ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ 」等の弦楽と「 フルート・オーボエ 」などの木管楽器による室内オーケストラ規模の「 管弦楽団 」が参加しており、それらをバックにクルーがジャジー&ブルージーなギターを奏でる  は、この作品を象徴するようなオープニングに相応しいナンバー。

 「 ロックンロール 」のようなイントロと、クルーらしい爽やかなメロディという相反しそうな両要素が不思議と心地好い  の次、5、60年代の米国を代表するムービー&ポップスター「 Dean Martin 」のナンバーを再び「 管弦楽団 」が加わってカバーした  は、原曲が持つウエスタンの雰囲気をそのままインスト・チューンにアレンジした秀作。

 どこか物悲しげなメロディラインが心に染みるスパニッシュ風の「 ソロ・ギター 」ナンバー  に続く、クルーの真骨頂とも言うべき「 ナイロンストリングス・ギター 」の音色を活かした爽やかな気持ち良さが伝わるメロディアスナンバー  は、以前のコノ手の曲と比べると(良い意味で)肩の力が抜けたプレイをクルーがしている様に感じられ、その為か?更にヒーリング効果が増した様に思える当アルバムの個人的NO.1テイク。

 当作品の中では異色の「 スラップ・ベース 」が効いてるグルーヴィーなナンバー  、自分が勝手に「 ジャズピアノの師 」と崇めている「 Thelonious Monk 」のナンバーを上手くスムースなジャズテイストに仕立てた  と、このアルバムのバラエティ度を確実にUPさせる2曲が中盤に収められてます。

 そして、シンプルな「 オーケストレーション・アレンジ 」にクルーが奏でる「 カントリー・フォーク 」調のメロディが栄える  、逆に「 パーカッション・ドラム・打ち込み 」を用いた「 リズム・アレンジ 」に計算された巧みさを感じる、タイトル通り朝の爽やかなイメージが残る  と、安易にBGMとして使われてしまいそうな   と同傾向のメロディアス・ナンバーが続きます。

 「 シャンソン 」の名曲  、ジャズ・ファンなら良く御存知の筈の「 スタンダード・ナンバー 」  と、「 管弦楽団 」をバックにレトロなポップ・ミュージック調に仕上げたカヴァー曲に挟まれた、カントリーの香り漂う   も、従来からのクルー・ファンなら必ず気に入って頂けるであろう、  に匹敵する程の心地好い美メロの魅力的なナンバー。

 このアルバムの最後を飾る「 Chet Atkins 」に多大な影響を受けたと言われる独特なスタイルの「 アルペジオ奏法 」を思う存分堪能できる「 ソロ・ギター 」チューン  も、「 メロディ・メーカー 」としても非凡な才能を発揮してきたクルーらしい味わい深い旋律のミディアム・テンポ・ナンバー。

 「 Earl Klugh Trio 」名義や「 Bob James 」など他アーティストとのコラボ・アルバムも含め、自分が知るクルー作品の中でも収録曲のバラエティ度は突飛したアルバムですが、言い換えれば今までのアルバムの中で実践してきたスタイルを全て含んだ、謂わばクルーの30年以上のキャリアの「 集大成的作品 」と言えると思います。

 もちろん純粋な1作品としても、クルーらしいメロディのキャッチーさは決して外さない、充分「 ★★★★☆ 」以上の評価が付けられる出来ですし、もし、この作品がお気に召して頂いたのであれば、おそらく他のどの作品も素直に受け入れられるであろう「 Earl Klugh 」に対する「 試金石 」の役割にもなるアルバムではないかと思います。


「 ⑦ Bye Ya (TV interview & Live) 」







ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
この夏最大の収穫?
2009-08-22-Sat  CATEGORY: 日記(音楽)
 まだまだ学生の方は「 夏休み 」を満喫されてるでしょうし、社会人でも現在、又はこれから夏季休暇という方もいらっしゃるでしょうが、自分は故郷の横浜で旧友と食事しながら「 久しぶりの再開 」を楽しんだ以外は大したイベントも無く5日間の休みが先週終わってしまいましたが、何故?か財布の中身はビックリ!するくらい夏休み後には減ってしまいました(溜息
 ε=(´。`;)

 何か当ブログ再開後は「 金欠・貧乏話 」が多くて申し訳ないですが、今月は既に予約した「 上原ひろみ 」の新譜「 プレイス・トゥ・ビー 」を除き、新品のCDを購入出来る金銭的余裕はもう無さそうで、次の休日辺りに格安CDを求めて「 中古CDショップ巡り 」に出掛けようかと思ってます(再び溜息 ε=(´。`;)

 ただ、先日話題にした「 Rick Braun 」が「 Boney James 」「 Richard Elliot 」それぞれとコラボレーションした「 Shake It Up 」「 RnR 」を始め、先月購入した5枚のアルバムは全て自分にとっては「 超大アタリ!! 」で、どのCDも今月に入ってからも変わらずヘヴィーリスニングしてます♪

 特に、たまたまFMラジオ等から流れる曲は何度も聴いて、それこそ「 SmoothJazz 」に夢中になる以前から「 ギタリスト&ヴォーカリスト 」として気になる存在でしたが、やっと今回初めてCDを手に入れる事となった「 Jonathan Butler 」のアルバム

「 Do You Love Me? 」
          icon


に関しては、「 アコースティック・ギター 」の音色を活かした爽やか「 SmoothJazz 」と、アーバンでソウルフルな大人の「 R&B 」という自分が大好きな2つの要素がイイ具合に混在した、まるで一粒で二度美味しい「 グ○コ 」の様な作品で、入手してから今日まで1日最低1回は聴かないと禁断症状(時事ネタ?・・・ではありませんが、薬物は絶対にイケマセン!!)を起こしそうな位ハマッちゃいました♪

 当然他の「 Jonathan Butler 」のアルバムも聴きたくて今もウズウズwしてますし、これで全作品をコンプリートで手に入れたい位の「 スムース・ジャズ・アーティスト 」が又1人増えた訳ですが・・・・・いかんせん「 先立つ物 」が......(涙  ρ(・ω・、)


「 Do You Love Me?/Jonathan Butler 」







ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント2
For the Love of You/Candy Dulfer
2009-08-16-Sun  CATEGORY: CDレビュー(Candy Dulfer)

   Candy Dulfer - For the Love of You


 「 iTunes 」未インストールの方は、「 HMV ONRINE 」サイト内にて試聴可能です

1. Saxy Intro 2. Saxy Mood 3. Gititon
4. For the Love of You 5. Smooth
6. Give Me Some More 7. Once You Get Started
8. Bird 9. Wish You Were Here
10. Allright 11. Sunday Cool
12. Girls Should Stick Together





 キャンディ自身の記録である「 米ビルボード 」の「 Billboard 200(週間総合アルバム売上チャート) 」で最高第二位にランクインするという快挙で、名実共にワールドスターの地位を確実なものにした「 1997年 」発売の「 4Th リーダーアルバム 」です。

 ジングル的な「 14秒 」の  に続く、実質のオープニング・チューン  は、今までラップやコーラスなどで歌声を披露していたキャンディが、遂に自身初の「 メイン・ヴォーカル 」を担当している軽快なポップ・チューン。

 「 トーキング・モジュレーター&女声ラップ 」が上手く雰囲気を盛り上げているミドルテンポのファンキー・ナンバー  の次、タイトル・チューンの  は、きっと4~50代のDISCO世代の方々には涙モノ(?)の長寿ソウル・グループ「 Isley Brothers 」の70年代のヒット曲のカヴァーですが、メロウなソウル・バラードという原曲の持つ魅力に加え、キャンディらしいグルーヴ感とブルージーさをプラスした、このアルバムを代表するに相応しい1曲。

「 ④ For the Love of You(PV) 」



 妖艶な雰囲気がするブルージーなバラード  を1曲挟み、リズミカルなファンキー・ポップ  、ソウルフルなポップン・ミュージック  と、再びキャンディ自らメインを勤めるボーカル・チューンが2曲続きますが、特に  は、特徴的な「 エレキ・ピアノ 」の使い方と「 コーラス・アレンジ 」が個人的にツボの、 を抑えて当アルバムに於ける自分の「 フェイバリット・ナンバー 」。

 「 4ビートジャズ 」風の「 ベース・ライン 」が特徴の  は、曲調とタイトルから推測するにジャズ界の大巨人「 Charles Parker 」に対するオマージュだと思われますが、サックスとミュート・トランペットによるテーマ・パートに沿ったコード進行の「 インプロヴィゼーション(アドリブ)・プレイ 」を挿入し、将にパーカーが提唱した「 ビ・バップ 」に近似したスタイルを展開している「 キャンディ流モダン・ジャズ 」。

 この後リリースされるアルバムでも徐々に増えていくラジオフレンドリーなメロディアス・タイプのバラード  の後に、やっと今までのキャンディらしいホーンセクションが前面に出た「 ジャズ・ファンク 」調のナンバーが ⑪ ⑫ と2曲続きます。

 そして収録曲中4曲で本人が「 メイン・ヴォーカル 」を担当した本アルバムを象徴するような、ミドルテンポのグルーヴ感が心地好いPOPなボーカル・チューン  がラスト・ナンバーとして収められています。

 尚、今回は現状で一番入手し易いと思われる「 米国盤 」に添ってレヴューしましたが、当方が所持している「 欧州盤 」では多少曲順が異なるのと、ラストに  の「 リミックス・バージョン 」がボーナス・トラックとしてプラスされた「 全14曲 」構成になっています。

 今回初披露の「 Candy Dulfer 」のボーカルは、イケイケのダンサブルな曲よりも明らかにライトでPOPな曲調にハマる声なので、それに合わせたナンバーで構成したであろう本作は「 Sax-A-Go-Go 」「 Big Girl 」と比べて確実に「 ファンキー度 」は控えめの仕上がりですが、その分万人向けの「 聴き易さ 」という点では既作より上という気もします。

 言い換えると、近年の作品に通じる「 大人のキャンディ・ダルファ 」路線の原点的アルバムであり、内容そのものも充分「 ★★★★☆ 」の評価を付けられる出来なので、これから「 Candy Dulfer 」を聴いてみようという方は、この「 For the Love of You 」辺りから聴き始めてみるのが良いかもしれません。






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント0
Myジョギング用音楽リスト
2009-08-09-Sun  CATEGORY: 日記(ジョギング)
 もう既に「 夏休み 」に突入した方もいらっしゃるでしょうが、自分はあと2日ほど出勤した後、やっと5日間の休みを迎える事が出来そうです(溜息

 ところで当ブログのタイトルは「 ジョギングしながら聴く smooth jazz 」ですが、それを見てコチラへ訪問して下さった方の中には、内容的に期待ハズレと思われた方も多いのでは?  q( ̄3 ̄)p

 今でこそ「 Smooth Jazz 」という音楽ジャンルの魅力そのものにハマっている当方ですが、怪我や体調不良が続いて1年以上中断していた「 ジョギング 」を再開させた去年の秋口辺りとほぼ同時期に「 Smooth Jazz 」を聴き始めた当初は、あくまで「 ジョギング中に聴くにはピッタリな音楽 」程度の思いだったので、残念ながら「 スムースジャズ後進国 」の我が国では貴重な情報源の「 Smooth Jazz専門のネットラジオ 」を聴きながら「 この曲は(自分ペースの)ジョギングと相性良さそう! 」とか「 ジョギング中に聴いたら気持ちイイだろうなぁ♪ 」と思った曲が入ったアルバムを、殆ど知識も無いのに躊躇無く購入してました(苦笑

 今でも多少はその点を考慮しつつ購入するCDを選んでますが、あれから1年近く経った現在でも「 ジョギング 」中に聴く音楽の大半は「 Smooth Jazz 」が占めますし、時々アルバムそのままを流す事もありますが、通常は自分が「 ジョギング 」向けにセレクトしたナンバーを10曲程度纏めた「 リスト(フォルダ) 」を作り、それを聴きながら走ってます。

ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ^∇^)┘~~♪

 そこで今回は上記の理由で買い求めたCDから自分の「 ジョギング 」用に作った最初の「 Smooth Jazzナンバー・リスト 」を公開したいと思います。


タイトル アーティスト 収録アルバム iTunes
Quisiera Ser Turning Point Matador(♪) Turning Point - Matador
Together Again Dave Koz The Dance(♪) Dave Koz - The Dance
Just Around The Corner Eric Marienthal Just Around The Corner(♪) Eric Marienthal - Just Around the Corner
Shine Blake Aaron Desire(Ama) Blake Aaron - Desire
Chill or Be Chilled Oli Silk Limit's The Sky Oli Silk - The Limit's the Sky
You and I Michael Lington Heat(♪) Michael Lington - Heat
End of the Road Kim Waters Peaceful Journey(♪) Kim Waters - Peaceful Journey
Daddy-O Ken Navarro Grace Of Summer Light(♪) Ken Navarro - The Grace of Summer Light
It's on Tonight Brian Culbertson It's On Tonight(♪) Brian Culbertson - It's On Tonight
Dedication Boney James Shine (♪) Boney James - SHINE (シャイン)

※ アルバムタイトルに「 (Ama) 」が付いている物は「 Amazon.co.jp 」、それ以外は「 HMV ONLINE 」の該当アルバムのページへリンクしています。尚、「 (♪) 」が付いたアルバムはリンク先サイトページ内にて試聴可能です。


 ヘバりそうな時でも頑張れる元気を与えてくれる、どの曲も自分にとってのお気に入りばかりなのですが、改めてリストを見ると、スローなバラードから軽快なポップ・チューンまでテンポも曲調もバラバラで、イーブンペースで走るのが望ましい「 ジョギング 」用としては、ダメダメな出来かも(涙   (TεT;)

 さておき基本的に走りながらでは、歌の入ったボーカル・チューンよりもインストロメンタルの曲の方が聴き易いと感じる自分にとって、将に「 SmoothJazz 」はピッタリだった訳ですが、もし「 ジョギング 」中に聴く音楽にシックリくるものがナカナカ見付からないという方は、是非「 SmoothJazz 」系を一度試してみては如何でしょうか?

 今回取り上げたアルバムの中でしたら、個人的に「 SmoothJazzとは? 」を知って頂く為にも打って付けだと思う「 Michael Lington 」の「 Heat 」


 


は、艶やかなサックスの音色とポップなサウンドが爽快な印象を受ける「 ジョギングしながら聴く smooth jazz 」としてもオススメの1枚です♪  (o⌒∇⌒o)






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント0
Time Control/Hiromi’s Sonicbloom
2009-08-02-Sun  CATEGORY: CDレビュー(上原ひろみ)

   Hiromi - Hiromi's Sonic Bloom: Time Control

※ 「 iTunes 」未インストールの方は「 HMV ONRINE 」サイト内にて試聴可能です。


1. Time Difference 2. Time Out 3. Time Travel
4. Deep into the Night
5. Real Clock vs. Body Clock = Jet Lag
6. Time and Space
7. Time Control, Or Controlled by Time
8. Time Flies 9. Time's Up





 今年に入って「 The Stanley Clarke Trio 」のメンバーに選ばれるという大抜擢を受け、スタンリー初のストレート・ア・ヘッド・ジャズ・アルバム「 Jazz in the Garden 」に参加し、更に今年9月には彼女にとって初めての全曲ソロ・ピアノ作品「 プレイス・トゥ・ビー 」もリリース予定と、今ノリに乗っている日本人女性ジャズ・ピアニスト「 上原ひろみ 」が前作「 Spiral 」までのピアノトリオ編成のレギュラーメンバーに、彼女のデビュー作「 アナザー・マインド 」にも参加していた日本でもコアなファンを持つ「 ジャズ・パンク 」系ギタリスト「 David Fiuczynski 」を新たに加えた「 Hiromi’s Sonicbloom 」名義で「 2006年 」に発表したアルバムです。

 早速新加入のフューズ(D.フュージンスキー)のギターと上原のアコースティック・ピアノがバトルしているかの様なテーマ・パートで始まる  では、上原によるキーボード・シンセの「 インプロ(ヴィゼーション)・プレイ 」⇒上原とフューズの「 インター・プレイ 」⇒フューズの「 インプロ・プレイ 」と進行していく中盤の展開が聴きどころ。

 超複雑・難解なビートを易々とこなすリズム陣と、フューズ得意の「 ワウ・ギター 」が栄えるグルーヴィーな曲調の  は、そのフューズは勿論、負けじと上原も驚愕の「 インプロ・プレイ 」を聴かせてくれる、このアルバムでの個人的フェイバリット・チューン。

「 ② Time Out (LIVE) 」




 幻想的な曲調の中、現在の若手ジャズ系ミュージシャンの中でもTOPクラスの実力を誇る4人の凄さがビシビシ伝わってくる   では、上原自身が影響を受け、尊敬しているレジェンドのひとり「 Chick Corea 」を髣髴させる「 エレキ・ピアノ 」のプレイが、特に自分のツボにハマってます。

 美しい旋律とドラマチックな雰囲気を併せ持つ、映画やTVドラマのサントラなども手掛ける上原らしいスケールの大きさを感じさせる魅力的なバラード   では、彼女の本流とも言える「 アコースティック・ピアノ 」の調べを思う存分堪能できます。

「 ④ Deep into the Night (LIVE) 」




 上原曰く「 体内時計と実際の時間のズレ 」を表現したという、対比的な二面性を持った曲調がユニークな  、聴いてるうちに幻惑される気分に陥りそうな不思議な雰囲気を持つ  に続く、上原とフューズによる早弾きフレーズのリフの繰り返しで始まる  は、「 プログレシブ・ロック 」の様な曲調に、メンバー4人それぞれの「 ソロ・プレイ 」がフューチャーされた、テクニカル感が伝わってくるナンバー。

  と同様「 アコースティック・ピアノ 」の調べの美しさも印象的な、映画の挿入歌でも可笑しくない程の極上バラード・ナンバー  、そして最後を締め括るのは、まるでレコーディング中のメンバー達の「 悪ふざけ 」をそのまま収録してしまった?かの様な「 46秒 」のテイク  ですが、この  の持つ意味は次回作の「 ビヨンド・スタンダード 」を聴いて頂ければ分かります(御存じない方には申し訳ありませんが、一応今回は内緒にして置きますw)。

 尚「 国内盤 」に限り「 アコースティック・ピアノ 」メインの、美しさとアヴァンギャルドな雰囲気を併せ持った「 12分超え 」の大作バラード「 Note From The Past 」がボーナス・トラックとして収録されてます。

 アルバム・タイトルと各曲名で「 時間(Time) 」をテーマにしている事は理解して頂けると思いますが、彼女の既作と同様バラエティに富んだ作風ながら、個人的に前作の「 Spiral 」と当アルバムの場合、全体を聴き終えると1本の良質な映画を観た様な統一感と満足感を常に感じています。

 耳当りの良い聴き易さが必須(?)の「 SmoothJazz 」とは或る意味対極なスタイルの音楽かもしれませんが、ファンとして1人でも多くの方に「 上原ひろみ 」が創造する世界を体験して頂きたく、まずは純ジャズファンには「 Spiral 」を、フュージョン・スムースジャズなどがお好きな方には当アルバムをオススメしたいと思います。

 今回の「 Time Control 」に対する自分の評価は「 ★★★★★ 」ですが、何と言っても「 上原ひろみ 」の一番の魅力は生LIVEだと思うので、当アルバムの収録曲がメインだった2007年末の「 TIME CONTROLツアー 」に於ける、運良く自分も14列目という好席で体験出来た最終日の「 12月9日 東京国際フォーラム 」でのライブの模様を収録したDVD「 上原ひろみソニックブルーム・ライブ・イン・コンサート 」で少しでもライブの雰囲気を味わって頂くのも良いと思います。






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント0
<< 2009/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。