日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ibanez Artcoreのフル・アコースティックギター
2010-01-31-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 早いもので今年も1ヶ月を過ぎようとしている今日この頃、当方は先週辺りから徐々に仕事も忙しくなってきて完全に「 正月気分 」も吹き飛んだ感じなのですが、どんなに日中の慌ただしさに疲れ切って帰宅したとしても、約半年前にどうしても「 フルアコが欲しい!! 」という気持ちが抑えきれなくなってから、実器を見る為に複数回に渡り様々な楽器店を訪ねた事を含め、熟考を重ねた上で遂に元旦に入手した

 「 Ibanez AK95 」




で、僅かな時でもギター練習が出来る楽しみを励みにして日々勤しんでおります。

゚・*:.。..。.:*・゜ヽ(*´∀`)ノ ワクワク♪゚・*:.。..。.:*・

 只、今回初めて「 フル・アコースティックギター 」を購入するにあたって知った事は、同じ「 エレキ・ギター 」でも「 1万円(以下?)台 」から幅広い価格帯で様々なモデルの選択肢がある「 ソリッド・ギター 」や「 セミアコ・ギター 」と違い、一部の格安モデルを除けば大抵の「 フル・アコースティックギター 」は、軽く「 Jazzギターでも始めてみようかな? 」程度の考えでは出し難い方が殆どであろう最低でも「 20万円以上 」の値が付けられているという現状です(驚

 勿論「 ソリッド・ギター 」や「 セミアコ・ギター 」でも「 Jazzギター 」を奏でる事は充分可能ですが、多くの「 Jazzギタリスト 」が愛用している事からも、どうせなら特有のウォーム・トーンが持ち味の「 フル・アコースティックギター 」に拘りたいという方は自分だけじゃ無い筈です。

 そこで今回は、比較的リーズナブルな価格の割にはクオリティが高い「 ホロウボディ・ギター 」が揃っていると評判の「 Ibanez Artcore 」シリーズから、当方の愛器「 AK95 」他Jazz向き「 フル・アコースティックギター 」4機種

 「 Ibanez AF95 」                 「 Ibanez AG95 」
     


 「 Ibanez AK80 」



について(完全なニワカ仕込の知識に基づいてw)少しだけ語らせて貰おうと思います。

 まず肝心?の価格は「 AK・AF・AG95 」が定価で「 ¥73.500- 」、「 AK80 」のみ若干安い「 ¥68.250- 」ですが、これは「 AK80 」だけ「 テールピース 」がオール「 ブラス製 」である事や、「 指板のポジションマーク 」が「 アヴァロン貝の埋め込み 」では無く一般的な「 ドットポジション 」だったりするなどの装飾の違いからくる価格差で、楽器本来のクォリティは同等だと思います。

 自分が在庫を見かけた都内の数店舗の楽器店では「 AK80 」はどの店舗も「 5万円台前半 」、他の機種は「 5万円台半ば~6万円弱 」の値札が付けられていましたが、確実に新品よりも格安で入手可能な「 中古 」に関しては殆ど出回らない様で、大分前に質の良い中古の「 AF 」が1本だけ入荷したが直ぐに売れてしまったという話を或る大手楽器屋の店員さんから聞きましたので、もしコンディションの良い中古が見付かれば超ラッキー(?)でしょうし、自分の様に新品価格よりも更に格安なチョイ傷などの所謂「 ワケあり物 」の方が、どちらも運次第でしょうが中古よりは見付かりやすいかもしれません。

 あと大きな見た目の違いといえば「 カッタウェイ部分の形状 」や「 ボディカラーの違い 」などもありますが、カタログに正式な数値は載ってませんがボディサイズは「 AK・AF95 AK80 」が一般的な「 フル・アコースティックギター 」の中でも小さめな「 16inch 」なのに比べ、「 AG95 」は同社の「 GB(ジョージ・ベンソン)モデル 」と同じ更に小振りの「 15inch 」程度のサイズだと思われます。

 そして実際のトーンの特徴に大きく影響すると言われる「 ボディを構成する木材 」は4モデルそれぞれに異なり、「 AK95 」は同社の「 GB(ジョージ・ベンソン)モデル 」と同じ「 裏・側板 」は「 メイプル 」で「 表板 」のみ「 スプルース 」、「 AK80 」も「 表板 」は「 スプルース 」ですが「 裏・側板 」は「 シカモア 」、「 AF95 」は「 PM(パット・メセニー)モデル 」と同じオール「 メイプル 」、そして「 AG95 」はあまり聞き慣れない「 ブビンガ 」という木材がボディ全面で使われています。

 まぁココでアレコレ言うより実際に店舗に出向いて実物を試奏してみるのが一番だと思いますが、自分が楽器店巡りをして見つけた「 10万円未満 」の「 フル・アコースティックギター 」のおそらく8割程度は上級機種の「 Artcore Custom 」を含めたアイバニーズ社製だったことから考えても、この「 Ibanez Artcore 」が現状で一番入手しやすい「 フル・アコースティックギター 」だと思います。


 「 Luxury of Love/Dave Sereny  」







ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
Welcome to the St. James' Club/The Rippingtons
2010-01-24-Sun  CATEGORY: CDレビュー(SmoothJazz)

   The Rippingtons - Welcome to the St. James' Club



1. Welcome to the St. James' Club
2. Wednesday's Child
3. (I Watched Her) Walk Away 4. Kenya
5. Affair in San Miguel 6. Tropic of Capricorn
7. Who'd Holding Her Now? 8. Soul Mates
9. Passion Fruit 10. Vitoria's Secret





 70年代に登場した「 ウエストコースト・フュージョン・ギタリスト 」の代表格が「 Lee Ritenour 」や「 Larry Carlton 」辺りなら、その後継者とも云える80年代に現れたギタリスト「 Russ Freeman 」によるソロ・プロジェクト的グループ「 The Rippingtons 」の4枚目となる「 1990 」発売のアルバムで、収録全曲がラスの作・編曲によるテイクです。

 いかにも「 ワールドミュージック 」の要素を取り入れるのが好き?なラスらしい「 ブラジル音楽 」風のリズム・アレンジを用いたPOPなナンバー  は、前作収録の初期の代表曲「 Tourist in Paradise 」でも用いていた「 Carl Anderson 」による「 スキャット 」を始め、多くのアーティストが影響を受け模倣したと言われるラスの秀でたアレンジ能力を十二分に発揮した「 オープニング&タイトル・チューン 」に相応しい力作。


「 ① Welcome to the St. James' Club 」




 ゲスト・プレイヤー「 Kirk Whalum 」のサックス・プレイを前面に押し出したブルージーなバラード  、「 愛のコリーダ 」のテーマ曲でも有名な人気女性シンガー「 Patti Austin 」のハートウォーミングな「 スキャット 」が心に響く美メロのスロー・ナンバー  と、大物ゲストをフューチャーした贅沢なナンバーが続きます。

 タイトル通りの大西洋を越えてアフリカ大陸のサバンナに舞い降りた様な気にさせる「 アフリカン・ビート 」で始まる  も、多種に亘る「 パーカッション 」の使い方を始め、多彩な音使いに驚嘆するしかない  に負けず劣らずアレンジ能力の凄さを思い知らされるラス渾身の1曲。


「 ④ Kenya 」




 ややサスティン系(?)のエフェクトを効かせた「 ナイロン・ギター 」が奏でる爽やかなメロディが心地好い  、サンバのリズムに当時のラスが多用していた「 ケーナ 」の様な原始的木管楽器風の音色の「 ギター・シンセ 」のサウンドが不思議と栄えるアップテンポな  、ゆったりとしたレゲエ風の裏打ちリズムに乗って気持ち良さげに「 アルト・サックス&ナイロン・ギター 」がメロディを奏でるポップ・チューン  と、アルバム中盤も(おそらく)作品テーマと思われる「 世界中のリゾート 」の雰囲気が充満のリッピントンズらしいキャッチーなメロディのナンバーが続きます。

 に続き「 Kirk Whalum 」がゲスト参加の  では、ほぼリードパートを任されたカークのサックスがタップリ味わえるブルージーなナンバーですが、更に「 Patti Austin 」が今度は「 バック・コーラス 」担当で加わっているという贅沢すぎるテイク。

 そして当アルバムのSpecialGuestというべき超大物「 The Crusaders 」のメンバー「 Joe Sample 」が参加の  も、サンプルの奏でるラテン・タッチの「 アコースティック・ピアノ 」がより心地好さを誘う、リッピントンズらしいメロディアスなポップ・チューンです。

 そしてアルバムの最後を締め括るのが、収録曲中唯一リード楽器として使用された「 ソプラノ・サックス 」の音色が曲調にマッチした  は、ラスト・チューンに相応しい美メロのバラード。

 まだまだ7.80年代の「 ウエストコースト・フュージョン 」色が濃い印象だった前作「 Tourist in Paradise 」と比べ、わずか1年後のリリースながら現在の「 スムース・ジャズ 」に通じる要素・雰囲気が大分含まれてきたというのが、当方の「 Welcome to the St. James' Club 」に対する感想のひとつです。

 又、当方の好みの問題ですが、当作品の前後作にあたる「 Tourist in Paradise 」「 Curves Ahead 」のタイトル・ナンバーの様な「 超名曲! 」と思える曲は残念ながら有りませんが、全ての曲がバランスの良い佳作揃いで「 アルバムとしてのまとまり感 」は、今まで聴いたリッピントンズ作品の中でも1.2の出来だと感じます。

 自分が所持している「 The Rippingtons 」のアルバムの中でも他の事をしながらBGMとしてCDを掛ける所謂「 ながら聴き 」として特に重宝している作品で、充分他のリッピントンズのアルバムと比較しても平均点以上の「 ★★★★☆ 」の評価を与えられる秀作だと思います。






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント4
「ソプラノ・サックス」活用法?
2010-01-17-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 毎度(?)私事ながら、今年の元旦に念願の「 Ibanezのフル・アコ・ギター 」を手に入れ、「 正月休みはギター三昧だぁ~♪ 」のつもりで楽しみにしていたのですが、結局2日から泊りがけで遊びに来た親戚達の相手に殆ど費やされた感じで今年の「 正月休み 」は終了してしまいました(悲  ・゚・(つД`)・゚・

 それでも「 また1週間しない内に3連休があるから、その時に♪ 」と気分を治しましたが、その連休だった先週末直前に友人から「 今度の連休中に日帰りで箱根へ行こう! 」の誘いを受け、すっかり「 ギター三昧 」のつもりで居た事も忘れて2つ返事で了承し、連休初日の9日は友人宅へ滞在した後、次の10日の朝から一緒に「 箱根 」へ行って「 温泉&グルメ 」を堪能してきました♪

 現在「 デジカメ 」を持ってないので当方のSEXY過ぎる入浴姿(大嘘w)は撮り損ね?ましたが、「 携帯電話のカメラ 」を使って「 箱根 」で利用した施設や食べた物の写真を何枚か撮ってきたので、それを当ブログへUPしてみようかとPCに取り込んでみたところ・・・?

 自分の撮り方が悪かったのか、元々自分の携帯のカメラの性能が低過ぎるのか?は分かりません(おそらく、両方w)が、撮った本人ですら何の被写体だったか不明なものを始め、とても御披露できない質の悪い画像ばかりだったので、今回は諦めました(苦笑

 もう「 デジカメ 」の無い生活が1年以上になるのですが、普段は写真を撮る機会もそれほど無いので大して不便も感じませんが、せめてブログに画像を貼りたい時くらいは今回の様なストレスを感じたくないので、あと約3ヶ月で切れる所謂「 2年縛り 」が終了後に「 デジカメ携帯 」に機種変するか、そのうちに安い「 コンパクト・デジカメ 」を購入するかして、当ブログに自前の画像を貼るのはソレ以降になると思います。

 まぁ当方の「 ビンボー話 」はこれくらいにして(笑)、「 箱根 」では「 温泉&グルメ 」を楽しめましたが、ふと現地での「 温泉 」に極楽気分で入浴中「 これで音楽があれば、もっと最高の気分なのに・・・ 」という思いが浮かび、頭の中を駆け巡ったのは?!


「 John Coltrane 」の「 My Favorite Things 」
icon
※ 上部バナーのリンク先(HMV online)ページ内にて試聴可能です


 ちょっとベタ過ぎの選曲かもしれませんが、あのコルトレーンの奏でる「 ソプラノ・サックス 」の音色は、絶対に「 温泉 」気分にピッタリだと思うのですが、更にベタベタな選択ですが、やはり「 スムース・ジャズ 」から選ぶなら?


「 Kenny G 」の「 Breathless 」
icon
※ 上部バナーのリンク先(HMV online)ページ内にて試聴可能です


 今回、自分的に最も「 温泉 」に合う音楽は「 ソプラノ・サックス 」の音色が効いたJAZZ系だとの結論が一応出たので、いつか「 ソプラノ・サックス 」JAZZを聴きながらの「 温泉入浴 」を実現してみたいと思います♪  ♪~(´ε` ) マターリ


 「 Forever In Love/Kenny G  」







ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント0
One on One/Bob James & Earl Klugh
2010-01-11-Mon  CATEGORY: CDレビュー(Earl Klugh)

   Bob James & Earl Klugh - One On One

※ 「 iTunes 」未インストールの方は「 HMV ONRINE 」サイト内にて試聴可能です。



1. Kari 2. The Afterglow 3. Love Lips
4. Mallorca 5. I'll Never See You Smile Again
6. Winding River





 このアルバム発売当時は既に「 アレンジャー/プレイヤー 」として確固たる地位を築いていた「 Bob James 」と、デビューして僅か3年程度で早くも新進気鋭の「 アコースティック・ギタリスト 」として人気を博していた「 Earl Klugh 」の2人による「 1979 」発売のコラボレーション・アルバムです。

 オープニングは、いかにもクルーの作品らしい爽やかなメロディのカリプソ風ナンバー  で始まりますが、クルーの「 ナイロン・ギター 」とボブの「 ローズ・ピアノ 」の2人が奏でる音の心地好さから極上のヒーリング・ミュージックに仕上がっている、おそらく当アルバム内で最も数多く各メディアのテーマ曲やBGMに使用されているであろうメロディアスなチューン。


「 ① Kari 」




 どことなく牧歌的な雰囲気のするメロディラインとボブらしいメロウさが共存した感じの  では、「 フルート・オーボエ 」等の木管楽器と「 ストリングス 」による小規模編成のオーケストラを使ったアレンジが程好く効いていて、やはり聴き心地の良さの際立ったスロー・ナンバーになってます。

 前テイクの  以上に小規模オーケストラのアレンジが際立って目立つ  は、美しくも切ない感じのメロディが印象に残る「 テーマパート 」と、クルーによる長めの「 インプロビゼーション 」を含んだグルーヴィーな「 アドリブパート 」とのギャップが魅力のナンバー。


「 ③ Love Lips 」




 「 Miles Davis 」らと共に60年代の「 モード・ジャズ 」に偉大な足跡を残し、その後も「 アコースティック・ベース 」に拘りながら様々なジャズやボサノヴァなどの大物アーティスト達と名演を重ねてきた「 JAZZベースの神様 」の異名を取るベーシスト「 Ron Carter 」が参加した  では、ボブも「 アコースティク・ピアノ 」を担当している当アルバム収録内では最もジャズの雰囲気が強いナンバーですが、いきなり「 テーマパート 」から「 転調 」や「 リズムチェンジ 」などを用いながら決して難解になり過ぎずにボブらしいメロウさを保っている辺りは流石だと思います。

 クルーの十八番のひとつであるアメリカ音楽特有の「 土臭さ 」の漂うキャッチーなメロディのポップな「 カントリー・フォーク 」調の  も、  に負けず劣らず各メディアのテーマ曲やBGM等に利用されているであろう、聴き手を選ばないタイプの耳当りの良いメロディアスなナンバー。

 再びロン・カーターがゲスト参加のラスト・チューン  も、ロンの「 ウッド・ベース 」、ボブの「 アコースティック・ピアノ 」、クルーの「 ナイロン・ギター 」それぞれのプレイと3人のアンサンブル共に聴き応え充分のメロウなバラード・ナンバーです。

 収録曲中 ① ③ ⑤ はクルー、 ② ④ ⑥ はボブの作品ですが、アレンジは全曲ボブの担当であり、メロウな心地好さを感じる曲調の中にもプロ・プレイヤーとしての出発点は「 フリー・ジャズ 」だった事が偲ばれるアバンギャルドさが微妙に加わる点が個人的に「 Bob Jamesフュージョン 」の大きな特徴の1つだと思うのですが、このアルバムも同様の印象を受けるので、作品全般のイメージはボブの作風にクルーのエッセンスが加わったものと言えるかと思います。

 勿論お互いのリーダー作ともまた一味違った2人の相性の良さを感じさせるアルバムの出来から、この後「 Two of a Kind 」「 Cool 」とコラボアルバムを現在までに計3作リリースし、更に「 Fourplay 」から「 Lee Ritenour 」が脱退した後の後継者にボブはクルーを候補(実際にフォープレイに新加入したのは「 Larry Carlton 」)に挙げていたのもうなずけます。

 その他の参加ミュージシャンは、概出の「 Ron Carter 」以外にも「 Harvey Mason 」「 Ralph Macdonald 」など、ボブと親交の深い一流プレイヤー達が決して目立たずも確実なサイドメンぶりを発揮しています。

 この作品がレコーディングされた時代は「 アナログ・レコード 」が主流で、現在のCD向けに構成された作品よりもトータルの収録時間が短いのが普通ですが、他の当時のアルバムと比較しても短めの約「 35分 」という収録時間ながら、その短い収録中には上質の「 フュージョン・ナンバー 」が詰まっていて、将に凝縮された極上の「 35分 」が味わえる「 ★★★★★ 」級の傑作「 One on One 」を是非一人でも多くの方に堪能して頂きたく思います。






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント4
今年の抱負
2010-01-04-Mon  CATEGORY: 日記(音楽)

明けましておめでとう御座います <(_ _)>


 今年も当「 ジョギングしながら聴く smooth jazz 」を宜しくお願い致します。

 さて、自分にとって最初の「 2010年 」に於ける大きな出来事は、去年の大晦日に「 東京・駿河台 」の楽器店街へ出掛け、以前の下見でギター屋巡りをした時点では5~6万円位の予算を覚悟していた「 アイバニーズ社製フルアコ・ギター 」が、某店で所謂「 チョイ傷もの 」の為に定価の「 40%OFF 」で売られているのを3本発見し、その中から(見た目でw)一番気に入った「 Ibanez AK95 」


ak95 (2)


に決め、師走の街中の雑踏をギター抱えて移動したら万が一!?の事があっても困るので、直ぐにでも持ち帰りたい気持ちをグッ!と堪え、店員さんに宅配をお願いして購入したのですが、早くも翌日の元旦の夜には無事到着し、遂に念願の「 アイバニーズ社製フルアコ・ギター 」を手に入れる事が出来ました♪

(フルアコ)ギタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


 「 チョイ傷もの 」とは言っても、近付いて目を凝らして見ないと分からない程度の傷ですし、あくまで自分の見立てですが、造りのしっかりした仕上げも綺麗なウン十万円するギターに負けてないコスト・パフォーマンスの高いギターを「 45.000円 」程度で購入できて本当にラッキーでした(嬉

 勿論眺める為に購入した訳では無いのでw、まずは今まで「 Cメジャー・スケール(ドレミファソラシド) 」一辺倒だった「 スケール練習 」を改め、簡単なアドリブを展開できる様になるまで上達する事が今年の「 ギター練習 」に於ける目標の一つです。

 只、10数年前からの念願だった「 Earl Klugh 」のナンバーを何か1曲フルにコピーするという目標も出来れば年内に達成したいので、今まで世話になった「 ヤマハのナイロン・ギター (Not エレ・ガット)


ヤマハ ガット


も、引き続き暫くは使い続けるつもりで、先日ギターを購入したついでに「 ガット用の替弦 」も購入してきたので、これまでの感謝の気持ちを込めつつ?久しぶりに弦を張り替えてマダマダ愛用したいと思います。  (^Д^)ノ ヨロシクネ♪

 だけど「 Earl Klugh 」の曲をコピー出来る位に上達する時が来たら、きっとそれなりの「 エレクトリック・ナイロンストリングス・ギター 」、俗に言う「 エレ・ガット 」が欲しくなっちゃうんだろうなぁ・・・(溜息w


「 This Time/Earl Klugh 」







ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント2
お小遣稼ぎ 収入状況 (2011年度分)
2010-01-02-Sat  CATEGORY: お小遣いサイト攻略法
 収入状況 (2010年度分)
日時 サイト名 報酬の種類 金額
01/04 【アンケート】Toluna 商品券(Amazonギフト券) ¥3.000
01/07 【アンケート】CiM-Net 現金(JNB) ¥2.000
01/11 【携帯】モッピー 現金(ゆうちょ) ¥1.970
01/18 【携帯】アラジン 現金(ゆうちょ) ¥1.500
                          01月の収入合計 ¥8.470-
02/02 【ポイント】クリックチャンス 現金(楽天銀行) ¥500
                          02月の収入合計 ¥500-
03/02 【ポイント】Gポイント 商品券(Amazonギフト券) ¥1.000
03/04 【アンケート】日経リサーチ 商品券(ジェフグルメ) ¥500
03/11 【ポイント】まんぷくじま 現金(JNB) ¥2.000
03/24 【アンケート】MDBネット 現金(ゆうちょ) ¥1.500
                          03月の収入合計 ¥5.000-
04/04 【交換サイト】PointExchange 現金(JNB) ¥10.000
04/11 【アンケート】マイオピ 現金(楽天銀行) ¥2.000
04/11 【携帯】モバババーン 現金(ゆうちょ) ¥4.000
04/24 【アンケート】くらしのモニター 商品券(図書カード) ¥500
 2011年度の総収入合計                    ¥-

  
お小遣稼ぎ 収入状況 (2010年度分)
2010-01-01-Fri  CATEGORY: お小遣いサイト攻略法
 収入状況 (2010年度分)
日時 サイト名 報酬の種類 金額
01/06 【アンケート】CiM-Net 現金(JNB) ¥2.000
01/12 【アンケート】yahoo!リサーチ 現金(JNB) ¥200
01/21 【ポイント】貯めネコに小判 現金(e-Bank) ¥1.000
01/29 【携帯】ニフニフタウン 現金(e-Bank) ¥2.000
                          01月の収入合計 ¥5.200-
02/08 【アンケート】日経リサーチ 商品券(ジェフグルメ) ¥500
02/10 【アンケート】yahoo!リサーチ 現金(JNB) ¥80
                          02月の収入合計 ¥580-
03/05 【アンケート】D STYLE WEB 商品券(図書カード) ¥500
03/10 【ポイント】ポイントランド 現金(e-Bank) ¥500
                          03月の収入合計 ¥1.000-
04/19 【アンケート】くらしのアンケート 商品券(図書カード) ¥500
04/23 【ポイント】まんぷく島 現金(JNB) ¥500
04/30 【携帯】ケータイ★彼女 現金(e-Bank) ¥2.000
                          04月の収入合計 ¥3.000-
05/10 【アンケート】yahoo!リサーチ 現金(JNB) ¥55
05/27 【アンケート】KNOTs Club 現金(楽天銀行) ¥100
                          05月の収入合計 ¥155-
07/06 【携帯】もりもりクエスト 現金(楽天銀行) ¥5.000
07/28 【携帯】ORIMO 小為替(ゆうちょ) ¥750
                          07月の収入合計 ¥5.750-
08/31 【携帯】ニフニフタウン 現金(楽天銀行) ¥2.000
                          08月の収入合計 ¥2.000-
09/06 【携帯】それいけ!もしもんくん 現金(楽天銀行) ¥5.000
09/10 【アンケート】yahoo!リサーチ 現金(JNB) ¥90
09/24 【ポイント】Vmail 商品券(Amazonギフト券) ¥500
09/24 【携帯】au oneおこづかい 現金(ゆうちょ) ¥950
                          09月の収入合計 ¥6.540-
10/21 【交換サイト】PointExchange 現金(ゆうちょ) ¥10.000
                          10月の収入合計 ¥10.000-
11/02 【ポイント】MyPoint 商品券(Amazonギフト券) ¥1.000
11/29 【アンケート】Your Opinion 商品券(Amazonギフト券) ¥2.000
                          11月の収入合計 ¥3.000-
12/01 【ポイント】ちょびリッチ 現金(楽天銀行) ¥4.000
12/02 【携帯】PMMO 現金(楽天銀行) ¥2.000
12/03 【携帯】パネポ 現金(楽天銀行) ¥900
12/07 【アンケート】パピナ 商品券(UCギフト券) ¥4.000
12/08 【アンケート】GlobalTestMarket 小為替(ゆうちょ) ¥8.104
12/08 【アンケート】JMR生活総合研究所 商品券(JCBギフト券) ¥5.000
12/09 【携帯】銭金クイズ 現金(楽天銀行) ¥900
12/10 【ポイント】まんぷくじま 現金(JNB) ¥500
12/10 【ポイント】ネットマイル 現金(楽天銀行) ¥5.000
12/10 【ポイント】CMサイト 現金(楽天銀行) ¥2.000
12/15 【ポイント】Potora 現金(楽天銀行) ¥1.500
12/16 【ポイント】POINTIN 現金(楽天銀行) ¥1.434
12/19 【リードメール】流石めーる 現金(楽天銀行) ¥750
12/19 【リードメール】Prize-Prize 現金(楽天銀行) ¥1.500
12/20 【ポイント】わくわくメール 現金(JNB) ¥4.890
12/20 【アンケート】マクロミル 現金(JNB) ¥3.000
12/20 【アンケート】Q-VOICE 現金(楽天銀行) ¥1.400
12/20 【アンケート】IMIネット 現金(楽天銀行) ¥3.000
12/21 【アンケート】JMAモニター 現金(楽天銀行) ¥500
12/22 【アンケート】infoQ 現金(JNB) ¥2.000
12/22 【アンケート】gooリサーチ 商品券(UCギフト券) ¥1.000
12/23 【アンケート】NRCサイバーパネル 商品券(図書カード) ¥1.000
12/24 【携帯】携帯ワッショイ 現金(JNB) ¥3.000
12/26 【ポイント】Gポイント 商品券(Amazonギフト券) ¥2.000
12/26 【携帯】お財布.com 現金(楽天銀行) ¥2.100
12/28 【アンケート】アンとケイト 現金(JNB) ¥2.500
12/28 【交換サイト】PeX 現金(楽天銀行) ¥27.000
12/30 【アンケート】きかせて.net 現金(楽天銀行) ¥1.000
                          12月の収入合計 ¥87.578-
 2010年度の総収入合計                    ¥118.263-


<< 2010/01 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。