日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Do You Love Me?/Jonathan Butler
2010-05-30-Sun  CATEGORY: CDレビュー(SmoothJazz)

   ジョナサン - Do You Love Me?


※ 「 iTunes 」未インストールの方は「 AMAZON.COM 」サイト内にて試聴可能です。

1. Song for Elizabeth
2. Do You Love Me
3. Other Side of the World
4. Life After You
5. New Life
6. Dancing on the Shore
7. You Don't Belong to Me
8. Way You Look Tonight
9. Amen
10. Kiss
11. Lost to Love
12. My Only Joy




 当作品にプレイヤーとしても参加している大御所「 Dave Grusin(デイブ・グルーシン) 」が創立メンバーの一人として名を連ねる「 N2K 」レーベル移籍第一弾で、かつジョナサンにとって収録曲全てのアレンジ・プロデュースを自身で担当した初の作品となる「 1997年 」リリースのアルバムです。

 ギターフレイズに合わせた「 George Benson(ジョージ・ベンソン) 」張り(?)のスキャットも終盤に披露している  は、「 Dave Grusin(デイブ・グルーシン) 」が奏でる「 ローズ・ピアノ 」でイントロが始まる、切なくも美しいメロディが印象的なギター・インスト・バラード。

 タイトル・チューンの  は、ジョナサンの「 ボーカリスト・ギタリスト 」としては勿論、「 コンポーザー・アレンジャー 」としても比類なき才能を感じざるを負えない程の魅力に溢れた至極のソウル・バラード。


「 ② Do You Love Me 」




 それぞれ「 Tom Scott(トム・スコット) 」「 Kirk Whalum(カーク・ウェイラム) 」とフュージョン・スムースジャズの人気サックス奏者をゲストに迎えた、ゴスペル調の  、ブルージーなバラード  は、共に当アルバム内で唯一自身の作品では無いカヴァー・ボーカル・ナンバー。

 当方が曲調から受けた印象では、「 Still Life (Talking) 」辺りの「 ブラジル 」色の濃い「 パット・メセニー 」ナンバーに近い雰囲気を感じた  は、ジョナサンのガット・ギターと「 Tom Scott(トム・スコット) 」お得意の「 ウインド・シンセ 」が織り成す音のハーモニーが実に心地好い、癒し系のインスト・チューン。

 前テイクの「 ブラジル 」から少し北上して今度は「 カリブ海 」の美しい景色が思い浮かびそうなインスト・チューン  でも再び「 Kirk Whalum(カーク・ウェイラム) 」がゲスト・プレイヤーとして参加してますが、2人のアンサンブルから生まれるハーモニーが抜群の心地好さを感じさせてくれる、個人的に当アルバム収録のインスト・ナンバーの中でも一番のオキニイリです。
 

「 ⑥ Dancing on the Shore 」




 収録後半は「 ブルース 」色の濃い曲調・ボーカル・ギタープレイが特徴的な   、美しいメロディに「 アコースティック・ギター 」の調べが栄えているバラード  と、ジョナサンのボーカリストとしての魅力が堪能できる「 R&B 」ボーカル・ナンバー2曲で始まります。

   と同じく、ジョナサンのガット・ギターと「 Tom Scott(トム・スコット) 」の「 ウインド・シンセ 」とのコラボレート・インスト・チューン  は、夏にピッタリな感じのインスト・ナンバーで、2人の掛け合いの魅力による効果が更に曲の清涼感を増していると思います。

 前曲と同じ様な爽やかラテン・フレーバーのメロディアスなインスト・ナンバー  ですが、2~3人の少人数で収録されたテイクで構成されている当アルバムの中でも唯一ジョナサン一人でレコーディングされたテイクで、実際にプレイしている「 ガット・ギター 」以外は全て当人がプログラミングした音源です。

 メロウな雰囲気が充満した、ややスローテンポでブルース系コード進行の王道R&Bバラード  では、極上に心地好いジョナサンのボーカル・ギタープレイが共に堪能できる秀曲。

 ラストを飾るサウダージな雰囲気が心に染み入る  も、当アルバムの ⑥ ⑩ 辺りだけでなく、初期の「 ブラック・コンテンポラリー 」路線の頃から大抵のアルバムには数曲収録されてきた「 ブラジルorラテン 」系音楽のエッセンスが効いた「 ガット(ナイロン)・ギター 」リードの「 スムース・ジャズ 」フォーマットのインスト・ナンバー。

 異論・反論を承知で述べさせて頂くなら、ジョナサンは「 Stevie Wonder(スティービー・ワンダー) 」「 George Benson(ジョージ・ベンソン) 」「 Earl Klugh(アール・クルー) 」の魅力を兼ね備えた多彩な表現力を持ったアーティストで、非凡な実力の天才ミュージシャンなのは間違いないと思うのですが、ジャンルに囚われない多様なスタイルが仇(?)になっているのかは分かりませんが、その才能に見合った世間的評価を受けているとは感じられない事が大変残念です。

 デビューから所属していた「 JIVE 」レコード時代の作品の様に「 ダンス・ビート 」の曲こそ無いですが、「 ボーカル・インスト 」チューンがほぼ半々収録された当作品は、ジョナサンの多彩な魅力がバランス良く収まったアルバムだと思いますし、純粋に一作品としての当方の自己評価も「 ★★★★☆ 」以上の自信をもってオススメ出来る、自分もそうでしたが1900年代の作品で唯一「 国内盤 」も発売中という入手し易さも含め、「 Jonathan Butler 」に対する最初の出会いとしても適したアルバムです。






ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
amazonジャパンにお願い
2010-05-16-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 当ブログには「 スムースジャズ 」を始め、おそらく「 輸入盤CD 」をネットで購入する場合に一番利用する方が多いであろう


 「 Amazon.co.jp(アマゾン・ジャパン) 」



のサイトへリンクした「 アフィリエイト・バナー 」を多数貼ってますが、当人は「 Amazon.co.jp(アマゾン・ジャパン) 」と違って「 輸入盤CD 」を買ってもポイントが貯まり、規定枚数を同時に買えば大幅割引のキャンペーン(現在は3枚で30%OFF)をほぼ常時行っていて、更に自分で貼ったバナー経由で購入しても報酬が発生する所謂「 自己アフィリ 」が有効な


 「 HMV ONLINE 」
HMVジャパン


を、去年辺りまではネットショッピングするときのメイン・ショップとして利用してました。

 ところが諸々の事情(?)に加え、円高が続いている事もあって、近頃は海外のネットショップを利用する機会が増え、相変わらず少ない小遣いから工面して毎月購入している「 輸入盤CD 」の内、今年に入ってからネットで購入したものは全て海外のショップからという事に最近気付きました。 Σ(゚д゚lll) ビックリ!!

 ところで当方がCD購入の際に利用している海外ネットショップのひとつ「 Amazon.com(米国アマゾン) 」では、多くのアルバムが日本の音楽配信サイトの相場よりも格安でダウンロード出来て、他の配信サイトと同様に取り扱われている曲は全て「 30秒間試聴 」が可能なのですが、残念ながらアメリカ以外の国からは試聴はOKでもダウンロード不可なのは御存知の方も居らっしゃると思います。

 先日、そんな「 Amazon.com(米国アマゾン) 」から3ヶ月以内にJAZZ系のCDを購入した者への特典として、マイルスやコルトレーンなどの「 どジャズ(笑) 」から「 スムースジャズ 」まで様々な40曲近いジャズナンバーを無料でダウンロード出来るとのお知らせメールが届きました!?

 その無料リストの中には「 スムースジャズ 」系だと「 U-Nam 」や「 Oli Silk 」などの既に持っているCDの収録曲も多かったのですが、以前から気になっていた


 「 Cindy Bradley 」や                  「 Jaared 」
         


等「 無料なら是非1曲フルで聴きたい!! 」と思うナンバーも入っていたので、「 タダの分ならインストール出来るかも? 」と試してみましたが、やっぱり日本からじゃダメな様で、米国内の「 Proxy 」を通すなどの抜け道は有るのでしょうが、そこまでヤルのも何なんで結局諦めました。 ヽ( ̄ー ̄ )ノ

 それにしても「 Amazon.co.jp(アマゾン・ジャパン) 」でも購入者に丸々1曲フルの「 MP3音楽ファイル 」を無料でサービスしろ!なんてワガママは言わないので(笑)本家と同様「 音楽配信サービス 」を始めてくれたら、自分のメイン・ショップにしてあげてもイイ(生意気w)のに・・・・・

って、こんな過疎ってるブログの記事を「 Amazon.co.jp(アマゾン・ジャパン) 」の関係者が見る訳ナイか(苦笑) ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ!


 「 Bloom/Cindy Bradley 」







ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント4
ジョナサン・バトラーの新譜
2010-05-09-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 今年のGWは暦通りの休日スケジュールだったのが諸事情(?)で急に「 昭和の日 」は出勤になったので、結局1日からの五連休だったのですが、淋しい事に何の予定らしい予定も無かったので、最近は辛うじて2日に1回以上の実施はキープしてるものの、特に平日は5Kmのホームコース(?)では無く自宅周りを2~30分程度走って妥協する事がメッキリ増えた「 ジョギング 」と、月に1.2本程度の投稿しか出来ず増える一方の当ブログで御紹介したいお気に入りのスムースジャズ・アルバムの「 レヴュー書き 」と、早く上達したくて毎日ウズウズしている(笑)「 ギター練習 」にトコトン時間を費やそうと考えてたのですが・・・・・

 連休直前になって実の母親から「 何も用事無いなら、クルマで田舎まで連れてって 」と頼まれ、心の中では正直「 メンドくせ~ (ー_ー;) 」と思いつつも、たまには親孝行らしい事をすべしと了承し、結局5連休の最初の2日は栃木県の母の実家で過ごして、残りは「 ジョギング・レヴュー書き&ギター練習 」三昧のつもりの3日間の初日の朝、目覚めると右目に明らかな違和感があり、「 もしや? 」と鏡を見たら案の定上目蓋が腫れて膨らんでおり、折角の連休中なのに「 ものもらい 」を患ってしまいました。 ガ━━━━Σ(゚д゚lll)━━━━ン!!!!

 「 ものもらい 」は一度掛かると再発しやすい病気なのだそうで、実際当方も10代で初めて掛かって以来、その後も不定期ですが何度も患ってきたので慣れた(?)ものなのですが、GWで病院も休みだろうと家族に「 抗菌目薬&眼帯 」を買ってきてもらって自分で処置し、これで汗から患部に細菌などが入り込むので「 ジョギング 」は出来なくなり、仕方なく「 レヴュー書き&ギター練習 」に没頭しようとしてみても、どうしても右眼が気になって集中力がまったく続かず、結局GW後半の3日間は殆どボーっと音楽を聴いたり、国内外のサッカーのTV中継を見たり、普段出来ない昼寝などして過ごしただけで終わってしまいました(悲

 そんな残念な大型連休中でも唯一嬉かった知らせが、最近は「 ゴスペル・アルバム 」や「 ライブ・アルバム 」などのリリースが続いていた「 Jonathan Butler(ジョナサン・バトラー) 」の久しぶりの通常作品


 「 So Strong 」



が「 5月11日 」に発売されるとの情報を聞いた事です♪

 早速、普段利用している幾つかのCDネットショップの中から一番価格が安い「 1.550円 」だった最近オキニイリの「 CD WOW! 」へ予約注文を無事に済ませ、あとは到着するのを待つばかりなのですが、大好きな約5年前リリースの「 Jonathan 」の次回作を1日でも早く聴きたいと心底待ち望み続けてた自分には、将に「 So Strong 」は待望久しかったアルバムなので、今年の自分にとって真の「 Golden Week 」は、このジョナサンのNewアルバム入手後にCDを聴き捲くるであろう数日間になると思います(笑) +(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +


 「 Sara Sara/Jonathan Butler(Live) 」







ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント2
The Earl Klugh Trio, Vol. 1/Earl Klugh Trio
2010-05-05-Wed  CATEGORY: CDレビュー(Earl Klugh)

   Earl Klugh Trio - The Earl Klugh Trio, Vol. One


※ 「 iTunes 」未インストールの方は「 amazon.com(米国アマゾン) 」サイト内にて試聴可能です。

1. Bewitched 2. Days of Wine and Roses
3. Insensatez (How Insensitive)
4. Love Theme from "Spartacus"
5. I'll Remember April
6. What Are You Doing the Rest of Your Life?
7. I Say a Little Prayer 8. Night and Day
9. Lonely Girl 10. Too Marvelous for Words
11. One Note Samba





 「 1991年 」にリリースされた、クルー自身のソロ・アルバムでも多数共演しているドラマー「 Gene Dunlap(ジーン・ダンラップ) 」と、元「 Mahavishnu Orchestra(マハヴィシュヌ・オーケストラ) 」のメンバーだったベーシスト「 Ralph Armstrong(ラルフ・アームストロング) 」と共に結成した「 Earl Klugh Trio(アール・クルー・トリオ) 」の1.stアルバムです。

 クルーはいつもの「 ガット(ナイロン・ストリングス)ギター 」、ベースも「 ウッド・ベース 」の音色に似た「 ソリッド・ベース 」を使用してますが、このアルバムの収録曲は全てスタンダード・ナンバーを「 テーマパート 」と、同じコード進行に沿った即興演奏の「 インプロヴィゼーション(アドリブ)パート 」で構成した典型的な「 ビ・バップ 」スタイルのストレート・アヘッドなジャズですので、今回のレビューは各収録曲についての説明や、その他のミュージシャンによる同曲の名演の紹介などを中心にしたいと思います。

 今の若い方はご存じ無いかもしれませんが、かつて日本でも人気のあった米TVドラマ「 奥様は魔女 」のテーマ曲  は、自分にとっても幼少の頃から馴染みの有る曲でしたが、ここまでストレートな4ビートジャズに合う楽曲だとは当テイクを聴いて初めて気が付きました。

 ジャズに馴染みの無い方でも間違いなく聴き覚えが有るであろうバラードの超有名曲  は、当然数多のジャズ・ミュージシャンが名演を残していますが、中でも当該曲を含んだ「 Oscar Peterson Trio(オスカー・ピーターソン・トリオ) 」の名盤「 We Get Requests 」は個人的にも長年愛聴し続けてるお気に入りアルバムです。

    は、「 The Girl from Ipanema(イパネマの娘) 」を始め、様々なジャズ・ミュージシャン達にも数多くの作品が演奏されてきたボサ・ノヴァ界の重鎮「 Antonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン) 」のナンバー。

 映画好きの方には同名映画のサウンド・トラックとして知られているのであろう3拍子のバラード  ですが、我々ジャズ・ファンにとっては何と言ってもジャズ・ピアノの巨人「 Bill Evans(ビル・エバンス ) 」が好んで取り上げた曲として馴染み深いナンバー。

   も、「 miles davis(マイルス・デイヴィス) 」作品での「 horace silver(ホレス・シルバー ) 」らを従えてのハード・バップ史に残る名演を始め、星の数ほど演奏されてきた超有名スタンダード。

 切々と歌い上げやすい曲調の為か、ジャズでは「 Carmen McRae 」等、女性ボーカリストが取り上げる事の多い  も、原曲は映画の主題歌です。

 20世紀後半のアメリカを代表する作曲家の一人「 Burt Bacharach(バート・バカラック) 」の作品を「 Dionne Warwick(ディオンヌ・ワーウィック) 」が歌って大ヒットした  を、当テイクでは上手くジャズらしい4ビートに乗せた演奏が聴けます。

 元々は「 Cole Porter(コール・ポーター) 」作の人気俳優「 Fred Astaire(フレッド・アステア) 」主演のミュージカル・ソングである  ですが、おそらくジャズナンバーとして天文学的な数字になるであろう程、数多く演奏されし続けてきた定番中の定番なので名演とされるジャズ・テイクも多いのですが、ボーカルものなら自ら好んでポーター作品をよく歌っていた「 Ella Fitzgerald(エラ・フィッツジェラルド) 」の代表作のひとつ「 Ella Fitzgerald Sings The Cole Porter Songbook 」が有名ですし、個人的には「 Kenny Barron(ケニー・バロン) 」と共演したウエストコースト・クールジャズの人気サックス奏者「 Stan Getz(スタン・ゲッツ) 」の最後のライブ盤「 People Time 」内の同曲テイクが好きですが、同じギターものなら「 Joe Pass(ジョー・パス) 」のソロ・ギターアルバム「 Virtuoso 1 」内のテイクもオススメです。


 「 Night and Day/Ella Fitzgerald 」



 スタンダード・ナンバーが揃った当アルバム収録曲中、この曲のみ他では聴いた事が無い  なのですが、60年代のヒット映画の主題歌(?)らしい、ロマンティックなメロディが印象的な曲です。

 しばしば女性ジャズボーカルものでも耳にしますが、私事ながらトロンボーンを始める切っ掛け(かなり前の出来事で、とうの昔に挫折してますがw)となる影響を受けたジャズ・トロンボーンの第一人者「 J.J.Johnson(J・J・ジョンソン) 」のアルバム「 The Eminent Jay Jay Johnson, Vol. 2 」内のテイクが当テイクと同じ位思い浮かぶ  も、原曲はミュージカルの主題歌です。

 そしてラストはボサ・ノヴァを代表する曲のひとつであり、それ以上に厳密にはタイトル通りの「 ワン・ノート 」ではありませんが、メロディに「 G(ソ) 」の音を世界一多用(?)する曲というギネス級の荒業(笑)で知られた  が収められていますが、これも  と同様、オリジナルは「 Antonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン) 」です。


 「 One Note Samba/Antonio Carlos Jobim 」



 肝心の当アルバムの内容ですが、「 テーマパート 」も原曲のメロディを活かしたクルーらしい聴きやすいアレンジですし、「 インプロヴィゼーション(アドリブ) 」も決して難解なものではないので、ストレート・ギター・ジャズの入門盤としても適していると思いますし、簡単にギター・ジャズの雰囲気を味わえるBGM的な聴き方もOKなアルバムなので、ジャズ初心者の方にも受け入れやすい作品です。

 自分にとってもCDを入手して以来、他の事をしながら気軽にギター・ジャズの雰囲気を味わう「 ながら聴き 」用アルバムとして長年重宝している作品で、勿論じっくり聴いても味わい深いジャズ・ギター・アルバムなので個人の評価も充分「 ★★★★☆ 」を付けられる秀作だと思います。

※ 収録曲の中から1.2曲程度は訪問者の皆様にフル試聴して頂きたかったのですが、このアルバムを含め「 Warner Bros. Records 」が版権を持つ作品の音源は「 You Tube 」にUP出来ない為、今回のレヴューで取り上げた他ミュージシャンによるオススメ同曲テイク動画を代わりに貼らせて頂きました。






ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント0
<< 2010/05 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。