日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Journey/Earl Klugh
2010-06-20-Sun  CATEGORY: CDレビュー(Earl Klugh)

   アール・クルー - The Journey


※ 「 iTunes 」未インストールの方は「 AMAZON.COM 」サイト内にて試聴可能です。

1. All Through the Night
2. Last Song
3. 4 Minute Samba
4. Sneakin' Out of Here
5. Journey
6. Good as It Gets
7. Fingerdance
8. Evil Eye
9. Walk in the Sun
10. Autumn Song




 クルーにとってBest盤以外では「 Warner Bros. Records 」からの最後のリリースとなる作品で、前作と同様に愛犬と一緒に写っている写真をジャケットに使用している事から一部のファン(?)から「 Sudden Burst of Energy 」と合わせて「 ブルドック2部作 」などとも呼ばれている「 1997年 」発売のアルバムです。

 POPでメロディアスなUPテンポ・ナンバー  では、本人のギター・プレイは存分に味わえる上に、なかなか魅了的な「 ウインド・シンセ&アコースティック・ピアノ 」ソロが更にキャッチーな曲調に華を添えている、オープニングから極上の心地好さが伝わる1曲が収められてます。

 クルー作品では御馴染みのドラマー「 Gene Dunlap(ジーン・ダンラップ) 」が、今作では当テイクに「 ドラム・プログラム 」としてだけクレジットされている  ですが、クルーのギターに「 エレキ・ピアノ 」を中心とした数種類のキーボードや「 ソプラノ・サックス&女声コーラス 」が絶妙に絡み合うアンサンブルが実にCoolなスロー・ブルース。

 個人的には以前某FM番組の「 テーマ・ソング 」に使われていた事が印象深い、軽快な「 サンバ 」のリズムとメロディアスさが魅力の  、「 オルガン&パーカッション 」のプレイが、よりラスタな雰囲気を漂わせる効果を引き出している「 レゲエ 」テイストの  と、「 ブラジリアン&ジャマイカン 」なPOPチューンが2曲続きます。

 美しくも切ない雰囲気漂うメロディに、アレンジに「 オーケストラ 」が加わる事で壮大さも加味されたタイトルチューンのバラード・ナンバー  に於いて、その「 オーケストレーション 」を担当しているのは元「 Count Basie(カウント・ベイシー) 」楽団のメンバーで、数々の名画のサウンド・トラックを手がけた事でも知られるジャズ・ホーン奏者の「 Johnny Mandel(ジョニー・マンテル) 」です。

 現在「 BS日テレ(だったかと?) 」の天気予報のBGMとして使用されている、クルーらしいPOPなメロディアス・チューン  では、イントロ部分の「 ブルース・ハーブ 」風の音から始まり、クルーのギターの裏でさり気なく加わる「 オーボエ 」の様な音色、更にラストのソロ・パートでの「 アルト・サックス 」の生音そのままな感じと「 ウインド・シンセ 」ならではの多様な音の使い分けが隠れた(?)聴き処かと。
 
 安易に「 BGM 」として頻繁に使用されてしまう程、聴く人を選ばない聴き心地の良い曲が多い事がクルーの魅力の大きな一つだと思いますが、将に聴き心地の良さに限れば収録曲中一番ではないか?と個人的には感じている   は、程好いラテン・フレーヴァーが曲の清涼感を増しているPOPなギター・ナンバー。

 収録曲中最長の「 6分19秒 」の間、クルーのフロント・プレイがタップリ堪能できるマイナー・ブルース調のナンバー  、これも何処かのTVorラジオ局で天気予報の「 BGM 」として使われていた聴き憶えのある、クルーの王道スタイルと言ってよいPOPで爽やかなメロディアス・ナンバー  の後にラストを飾るのは、古いフランス映画の主題歌でも可笑しくない様な、センチメンタルな雰囲気が切なさを誘うバラード  ですが、このテイクの「 オーケストレーション 」を担当しているのも  と同様、数多くの「 映画音楽 」を担当した事でも知られる「 Johnny Mandel(ジョニー・マンテル) 」です。

 サイド・メンバーには前作に引き続き、クルー作品の常連ベーシスト「 Al Turner(アル・ターナー) 」や、売れっ子スタジオ・ギタリスト「 Paul Jackson Jr.(ポール・ジャクソン・ジュニア) 」などの確かな実力を持った面々がサポートしてますが、中でも今作では  を除いた全テイクでパーカッションを担当している名手「 Paulinho Da Costa(パウリーニョ・ダ・コスタ) 」のプレイが、更にアルバム全体の魅力を引き上げているといった感想を自分が持つ事に関して、当作品を御存知の方なら必ず賛同して頂けると思います。

 私個人の事ですが、このアルバム発売当時はクルーを聴き始める切っ掛けとなった「 フュージョン 」に対する熱も冷め、自身の音楽の嗜好の中心はほぼ「 ストレートアヘッド・ジャズ 」に戻っていた時期でしたが、それでも迷わず当アルバムを購入して以来、現在まで10年以上聴き続けている作品で、90年代発売のクルー作品では一番好きな「 Sudden Burst of Energy 」に匹敵する位のオキニイリなので、自己評価も満点に近い「 ★★★★☆ 」とさせて頂きます。






ポチ♪っとお願いします

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
驚愕のNewアルバムがリリース!!
2010-06-13-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 元々聴き始めた切っ掛けは「 ジョギング 」しながら聴き流すのに合っていると思ったからでしたが、直ぐに音楽そのものに魅了され、自身のメインストリームの音楽として聴き続ける事2年余りが経つ「 SmoothJazz 」なのですが、ただし当方の懐事情など関係無く、興味をそそられ、出来る限りCDをコンプリートしたくなるアーティスト、特に前回取り上げた「 Jay Soto(ジェイ・ソト) 」の様な魅力的な「 ギタリスト 」が次々と自分の前に現れる(?)のには、ホトホト困り果ててます(苦笑

 つい先日、そんな「 SmoothJazz 」を聴き始めてから知り、ハマってしまった「 ギタリスト 」の内の一人で、世界一の「 George Benson(ジョージ・ベンソン) 」フリークで有名(?)な「 Norman Brown(ノーマン・ブラウン) 」の新作


Sending My Love



が「 6月22日 」発売との知らせが届いたので、試聴を期待して「 AMAZON.COM 」のサイトへ訪問すれど、その時点ではまだ試聴が出来ませんでしたが、そこに表示されていたジャケット写真を見て、見た目までベンソンさんチックなノーマン君に思わず笑ってしまったり、担いでるギターが「 IbanezのGBモデル 」じゃない事(ディアンジェリコ?)に少しビックリ!したりしてる内に、同サイトページの下部にある日本版でいう処の「 この商品を買った人はこんな商品も買っています 」に「 Lee Ritenour(リー・リトナー) 」の見覚えの無いアルバムが載っているのに気付き、直ぐにページ移動してみたところ、これも「 6月29日 」発売の新作


6 String Theory




でしたが、なんと全テイクが「 Pat Martino(パット・マルティーノ) 」「 George Benson(ジョージ・ベンソン) 」「 John Scofield(ジョン・スコフィールド) 」「 Mike Stern(マイク・スターン) 」などの大物から、当方にとっては正直未知の名前まで、総勢19名の「 ギタリスト 」とのフューチャリング・ナンバーで、マジでベンソンやジョンスコといった面々でも驚愕なのに、その19人の中にはブルース界の巨匠である御大「B.B. King(ビー・ビー・キング)」の名も!? (゚д゚lll) スッ、スゲー!!

 更に、この「 6 String Theory 」のプロモーション・ビデオ





を観たら、リトナーさんが「 Gibson Les Paul(ギブソン レスポール) 」を持って、今まで聴いた事がない位のブルージー&ロッキッシュなプレイを披露しているじゃありませんか!!

 勿論そんなリトナーさん一世一代の渾身作(?)「 6 String Theory 」をノーマンの「 Sending My Love 」と共に即予約・・・したいのはヤマヤマでしたが、現在財布の中には小銭しか入ってない超金欠状態なので、当方の給料日は一般的な毎月25日ですが、家庭の事情(?)で自分が小遣いを貰える15日以降にCD購入を考えたいと思います(溜息 (*´д`*)=3 ハァ






御協力お願いします♪

トラックバック0 コメント0
賢い(?)買い物
2010-06-06-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 以前、自分の「 携帯電話 」を機種変更する際、どうせ使いこなせないクセして何故か

(# ̄3 ̄) 「 多機能の最新モデルが欲しぃぃ! 」

という気持ちが抑えきれずに、当時鳴り物入りで登場したばかりの「 新オペレーション・システム 」を搭載した俗に言う「 全部入り携帯 」を、本体価格の割引を受けられる代わりに、2年未満で新たに機種変更や(他社への乗り換えなど)通信会社そのものとの契約を打ち切った場合は「 違約金 」を支払うコースで、どうにか(確か?)2万円台の出費で手に入れましたが・・・・・

 その手の機能てんこ盛りの新機種に有りがちな初期不良等の不具合が満載の「 はずれモデル 」だと使用初日で判明し、その後の「 価格比較サイト 」などネット上のレヴューやクチコミでも酷評だらけで、のちに販売店舗でもアッ!と言う間に値崩れを起こした「 ク○携帯w 」を、契約上(ホントはフトコロの事情w)で変更出来ずに我慢して使い続けていました(苦笑)

 ところが馴れとは恐ろしいもので(笑)、徐々に「 ○ソ携帯 」にもストレスを感じない様になってきて、更に愛着すら涌いてきたのですが、その「 携帯電話 」も最近めっきりフル充電しても残量の減りが目に見えて早くなってきたので、

「 まぁ2年以上も使ってるのだから、電池も寿命か・・・って? 」

「 とっくに2年縛りが終わっとるやないか~~ぃ! 」

   (≧∇≦)/U☆U\(⌒◇⌒) ルネッサ~ンス!!

 という事で先日機種変更のために「 携帯ショップ 」へ出掛けましたが、今回は前回の反省を踏まえ、最低限自分が普段使う機能が入っていて、まずネット上の評判を見ても前機種よりはマトモに使えると確信できた「 京セラ製 K002 」を昨年発売された旧モデル故の「 実質0円(喜) 」で購入してきました♪

 実際に使ってみて、前機種で一番の不満点だった「 レスポンス 」も流石にサクサク!とまでは行きませんが、前機種よりは明らかにスムースに作業できますし、他に不満な点も特に無いので、どうやら今回は暫く愛用するに相応しい「 携帯電話 」を入手出来た様です。 ヽ(*´∀`)ノ ヤッタァー!

 そこで今月の小遣いの内の「 CD購入分 」予算は既に使い果たしてました(苦笑)が、出費無しで使える「 携帯電話 」を手に入れられたお祝い(笑)に、特別に1枚だけCDを購入しようと思い立ち、前々から気になっていた「 スムースジャズ・ギタリスト 」の中で未だアルバム未入手だった何人かの内のひとり「 Jay Soto 」の昨年リリースされた最新作


 「 Mesmerized 」
icon


を購入しようと思いましたが、その時覗いていた「 amazon.com(米国アマゾン) 」のユーザーレヴューでは、3年前に発売された「 Mesmerized 」の前作に相当する


 「 Stay A While 」
icon


の方が、9名のレヴュアー全員が満点の「 ★★★★★ 」を付けていて、なおかつ発売から3年以上経過した旧作だからか「 マーケット・プレイス 」の最安ショップなら送料込みでも新品CDが「 12ドル 」程度だったので、急遽そのまま「 amazon.com 」で「 Stay A While 」を1.000円ちょっとで購入し、この記事を書いている前日に無事届いたので、現在「 Stay A While 」を聴きながらブログ書きしてます♪

 その「 Stay A While 」も「 K002 」と同様、永く愛(聴)用出来そうな作品だったので、今回の一連の買い物から、自分には「 携帯電話 」も「 音楽CD 」にしても、多くの世間の評価を確かめてから選べるし、購入価格も最新のモノより安い場合が多いという事で、発売から暫く時期が経ったモノを購入する買い方が合ってると思う今日この頃です。


(#゚Д゚)y-~~ 「 だから何?(って話でスイマセンw) 」


 「 Midnight Drive/Jay Soto 」







ご迷惑で無ければ♪

トラックバック0 コメント4
<< 2010/06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。