日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Herose/David Benoit
2010-07-25-Sun  CATEGORY: CDレビュー(SmoothJazz)
 Heroes


※ 「 iTunes 」未インストールの方は「 AMAZON.COM 」サイト内にて試聴可能です。

1. Mountain Dance
2. Human Nature
3. Your Song
4. Light My Fire
5. Never Can Say Goodbye
6. She's Leaving Home
7. Song For My Father
8. You Look Good To Me
9. Waltz For Debbie
10. A Twisted Little Etude
11. Blue Rondo a La Turk




 ウエストコースト・スムースジャズ・シーンの人気キーボーディニスト「 David Benoit(デビッド・ベノワ ) 」が自身の生涯で大きな影響を受けた様々なジャンルのミュージシャンをトリビュートして製作したカヴァー・アルバムで、「 Peak Records 」から「 2008年 」にリリースされた作品です。

 本人のオリジナルである  を除いた収録曲後半の ⑦ ~ ⑪ は、往年の名ジャズ・ピアニスト達のナンバーを取り上げた「 ストレート・アヘッド・ジャズ 」で占められ、前半の ① ~ ⑥ は、それ以外の様々なジャンルの曲が取り上げられてますが、どのテイクも「 アコースティック・ピアノ 」がメインのトリオを中心にしたシンプルな構成で収録されてます。

 70年代の「 クロスオーバー 」ムーブメントの中心人物の一人で、ベノワ本人とも親交の深いキーボーディニスト「 Dave Grusin(デイヴ・グルーシン) 」の代表曲  ですが、オーケストラ等を用いた壮大なイメージの原曲とは異なり、ピアノ・トリオで若干スローなテンポで演奏されている為、よりメロディラインが際立って聴く事が出来るヴァージョンになっていると個人的には感じます。

 あの帝王「 miles davis(マイルス・デイビス) 」でさえ一切のアドリブや過度なアレンジを排除し、メロディ・ラインを忠実に奏でたテイクを残している程の美メロの名曲  は、勿論King of Pop「 Michael Jackson(マイケル・ジャクソン) 」の傑作バラードとして良く知られたナンバーですが、このテイクではトリオの演奏にさり気なく「 シンセサイザー 」を被せたアレンジが曲の雰囲気をより引き立てるのに一役買っている良質のピアノ・チューンになってます。


 「 2. Human Nature 」



 スムージーなピアノ・ジャズ・バラードになってますが、原曲は多くのアーティストに影響を与えた英国を代表するPOPSシンガー&ピアニスト「 Elton John(エルトン・ジョン) 」の名曲である  、6.70年代の米国を代表するROCKバンド「 The Doors(ザ・ドアーズ) 」の大ヒット曲をパーカションを加えたカルテットによる演奏でラテン・ジャズ風に仕上げた  と、どちらもベノアのセンスが光るジャズ・チューンに変貌させてる点は見事です。

 オリジナルは「 Gloria Gaynor(グロリア・ゲイナー) 」ですが、やはり自分を含め「 JACKSON 5(ジャクソン 5) 」のヴァージョンの方を真っ先に思い浮かべる方が多いであろう  ですが、ここでもベノアは「 DISCOミュージック 」の名曲を「 ラウンジ・ジャズ 」テイストのメロウなピアノ・インスト・チューンに仕立て上げてます。

 他アーティストのアルバムでも「 オーケストラ or ストリングス 」アレンジャーとしてベノアの名前がクレジットされてるのを時々見かけますが、この「 The Beatles(ザ・ビートルズ)」の名盤「 Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド) 」収録内のナンバーを取り上げた  でも、彼のオーケーストレーションの技量を遺憾なく発揮した「 弦楽四重奏 」による美しい調べが思う存分堪能出来ます。
 
 後半の「 ジャズナンバー・パート 」の最初を飾るのは、「 ファンク・ジャズ 」の第一人者として名高いジャズピアノの巨人「 Horace Silver(ホレス・シルヴァー) 」の代名詞と言っても過言では無い超有名曲   ですが、元テイクとは異なるホーンレスな編成や、ベノアのプレイヤーとしての特徴であるリリカルなピアノ・タッチなど、ホレスとは違う雰囲気をしっかりと醸し出している点に、改めてジャズの深さと面白味を再確認しました。

 このアルバム収録直前にこの世を去った、私個人も大好きな「 Oscar Peterson(オスカー・ピーターソン) 」のジャズ史に燦然と輝く歴史的名盤「 We Get Requests(プリーズ・リクエスト) 」の収録ナンバーである  では、オスカーに負けず劣らずのリズミカルでスウィンギーなプレイを披露しています。

 そしてベノア自身が最も影響を受けたピアニストであると公言して憚らない「 Bill Evans(ビル・エヴァンス) 」のオリジナル・ナンバーで、「 Someday My Prince Will Come(いつか王子様が) 」等と同様「 ジャズ・ワルツ 」を代表するスタンダードとして多くのプレイヤーに受け継がれ続けている名曲  では、まるでエヴァンスが乗り移ったかの様な甘美なピアノの旋律が官能の世界へ連れて行ってくれます。

 「 ビ・バップ 」進化系のアドリブ・ジャズが全盛だった50年代から、カレッジで学んだ高度な音楽理論を駆使しながらもウエスト・コーストらしい聴き易さを併せ持った独自のアレンジ・ジャズを展開していた「 Dave Brubeck(デイヴ・ブルーベック) 」とも交流があるベノアですが、当アルバム収録で個人的に一番驚かされたのが、最初は自分の知らないブルーベックのナンバーだと思い込んでいた唯一のオリジナル  で、凡人の自分にはカウントするのも難儀する程の変則拍子や目まぐるしい転調など、ある程度ブルーベック作品を御存知の方なら自分と同じ勘違いをしても不思議ではないと断言できる、将にブルーベックの特徴を全て織り込んだベノアの新たな才能を思い知らされた脅威のテイク。

 最後のテイクは、そのブルーベックの代表作「 Time Out(タイム・アウト) 」収録のナンバーを同じサックスを加えたカルテットによる、ほぼ同様のアレンジで収録した  で締め括られます。

 当アルバムの収録曲全般に言えるのは、ベノアらしい耳当りの良い「 アコースティック・ピアノ 」メインのジャジーなナンバーで構成された作品なので、気軽に「 イージーリスニング・ピアノ・ジャズ 」アルバムとして聴くのも良いですし、あまりジャズに馴染みが無い方にとっての「 ピアノ・ジャズ 」の入門アルバムとしても十分適した作品だと思います。

 只、私個人の願望として、どうしても「 ピアノ・ジャズ 」とそれ以外のナンバーと言う前・後半のコンセプトのアルバムを出来れば1枚ずつ別々にリリースして欲しかったという想いが拭い切れず・・・・・自己評価も純粋に1作品としてなら問題無く平均点以上ですが、その分減点と言うことで今回は「 ★★★☆☆ 」とさせて頂きます。






ポチ♪っとお願いします

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
兵どもが夢の跡?
2010-07-19-Mon  CATEGORY: 日記(音楽)
 決勝相手の激しいプレーに耐え抜き、見事「 スペイン代表 」が念願の初優勝を遂げた事で「 南アフリカW杯 」も終了し、やっと約1ヶ月間夜更かしや早起きを繰り返したせいで悩まされていた慢性的な寝不足からも開放される・・・・・?

と思いきや、一度狂った体内時計は直ぐには戻らないみたいで、最近もナカナカ寝付けなかったり、夜中に突然目が覚めたり、相変わらず日中に激しい睡魔に時々襲われたりして、「 W杯後遺症(?) 」から立ち直って生活リズムが元に戻るには、あともう少し日にちを要しそうです(辛 ..._φ(TдT ) ウゥ…ネムイ
 
 そんな当方の事情など関係なく、気になる「 Jazz系アルバム 」のリリースの知らせが最近も相変わらず届くのですが、その中でもニューヨーク・フュージョン界のドン?的存在のヴィブラホン奏者「 Mike Mainieri(マイク・マイニエリ) 」と、稀代のマルチ・ベーシスト「 Brian Bromberg(ブライアン・ブロンバーグ) 」が其々今月の20・21日にリリースするNewAlbum


Crescent




プレイズ・ジミ・ヘンドリックス




は、かつて自分がフュージョン好きだった頃に馴染み深いアーティストの作品と言うだけでなく、マイニエリの作品には「 渡辺貞夫 」の師匠だったり「 秋吉敏子 」大姉の最初の旦那として一時期日本を活動拠点としていた事でも知られたホーン奏者「Charlie Mariano(チャーリー・マリアーノ) 」が亡くなる直前に参加した最後のレコーディングと言う追悼盤の意味合いを奇しくも持ってしまったアルバムであり、ブライアンの新作は「 ウッド・ソリッド・ピッコロベース 」等ブライアンらしく様々なベースを使い分け、超絶テクニックの技巧派ドラマー「 Vinnie Colaiuta(ヴィニー・カリウタ) 」と2人きりで何と!ロック・レジェンド「 Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス) 」のナンバーをカヴァーしているという実に興味をそそられる内容で、どちらもアルバムも是非機会があれば聴いてみたい個人的に気になる作品です。

 只、現在の「 SmoothJazz 」ファンとしての立場で特に気になる最近リリースされた新譜なのは、ファンク色を上手く自身の音楽に取り入れる事にも定評がありますが、何と言っても当方の印象では下の曲


 「 dreaming of you 」



を表わす様な「 メルヘン国のブライアン王子 」って感じのイメージが強い若手人気キーボーディニスト「 Brian Culbertson(ブライアン・カルバートソン) 」が今月リリースしたばかりのアルバム


Xii




 そんなブライアンの前作「 Bringing Back the Funk 」は、王子のご乱心だったのか(笑)バリバリの「 FunkMusic 」アルバムでしたが、今回の新作はファンク系からメルヘン系(?)までを取り揃えた「 SmoothJazz 」作品の様です。

 今回の3作品のCDを自ら入手した上で聴いてみたいのはヤマヤマですが、ちょうどリリース情報を知る直前に先日も話題にした「 Jay Soto(ジェイ・ソト) 」の未入手だった2作品を含め、計4枚のCDをネット注文した際の出費で来月のお小遣い日までは懐事情が厳しい状況が続くと思うので(悲)・・・どなたか今回取り上げた作品を購入した方がいらっしゃれば、感想などを聞かせて頂ければ嬉しいです。  (o⌒人⌒o) オネガイ♪






ポチ♪ぷり~ず!

トラックバック0 コメント2
South Africaからの贈り物
2010-07-11-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 ひどい寝不足に悩まされながら4年に1度の世界最大のスポーツイベントを夢中になってTV観戦していた「 南アフリカW杯 」も、遂に明日早朝KickOffの「 決勝戦 」を残すのみとなりましたが、勿論自分は今夜早めに就寝してから明日の試合開始前に起床して、間違いなく歴史に残る好ゲームになるであろう「 スペイン対オランダ 」戦を1秒たりとも逃さず目に焼き付ける様にしながらリアルタイムで観るつもりです。 ((o(´∀`)o)) ワクワク♪
 
 ところで、決して「 サッカー・ブログ 」では無い(笑)当ブログ的に「 南アフリカ 」と言えば、やはり同国出身「 R&Bシンガー & スムースジャズ・ギタリスト 」の「 Jonathan Butler(ジョナサン・バトラー) 」を取り上げない訳にはいかないかと?

 そのバトラーが故郷へ錦を飾るべく行われた「 南アフリカ 」でのコンサートの模様を収録したLive盤


Live in South Africa (Bonus Dvd) (Spec) (Dig)




は、その「 Live音源 」の13曲に「 ボーナス・トラック 」1曲を加えた計14曲入りのCDと、5曲分の「 ライブ映像 」を収録したDVDの「 2枚組アルバム 」なのに、価格は一般的なCDアルバムと同程度という超お買い得?作品なのですが、収録曲には「 Jive 」時代の名盤


More Than Friends




内のナンバーで、「 Lies 」などと並ぶ初期のバトラーを代表する曲「 Sarah Sarah 」をリアレンジしたセルフカヴァーがCD・DVD合わせて3曲(内2曲はインスト)収められていて、「 メロウなR&Bボーカル・チューン 」といった感じの原曲とは一味違う雰囲気に其々リアレンジされた、どれも原曲に負けず劣らず魅力的なナンバーに仕上がっていると思います。

 そんな自分も大好きな曲「 Sarah Sarah 」の幾つかのアレンジ違いのヴァージョンを実際に聴き比べて頂いた方が当方の拙い解説よりも分かりやすいと思うので、下に「 YouTube動画 」をUPしておきます(決して「 手抜き 」ぢゃアリマセンw)。


 「 Sarah Sarah(PV) 」



 「 Sarah Sarah(Live With George Duke) 」



 「 Sarah Sarah (Mano Mix) 」



 実は、北京五輪の閉会式で「 Jimmy Page(ジミー・ペイジ) 」がサプライズ登場したのと同じ様に、今回の「 南アフリカW杯 」の何かしらのセレブレーションで「 Jonathan Butler(ジョナサン・バトラー) 」が登場してくれないかなぁ.....と淡い期待をしていたのですが、そのチャンスも残るは1回です!

 それ以上に、最近は日本公演も含め、仲良し?の「 Dave Koz(デイヴ・コーズ) 」とのツアー活動が主流になっているみたいですが、是非ナマの「 Jonathan Butler(ジョナサン・バトラー) 」をLive体験したい欲望が沸々と自分の中で大きくなってます♪  レ(・∀・レ) Live イクゾォ!!






ポチ♪ぷりーず

トラックバック0 コメント0
アーバンなオシャレROAD?
2010-07-04-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 我らが「 日本代表 」は惜しくも「 Best 8 」進出目前で敗退してしまった「 南アフリカW杯 」ですが、昨日でようやく「 Best 4 」が出揃い、これからも益々白熱した将に世界最高レベルのサッカーが観られるであろう事を楽しみにしています。 ((o(´∀`)o)) ワクワク♪
 
 現在は試合日程に余裕が出来たので大分解消しましたが、連日休みなく試合が組まれていた「 決勝トーナメント1回戦 」が終了するまでは、自身の休前日と運命!の「 日本対デンマーク戦 」以外の「 AM3:30(日本時間) 」KickOffの試合は仕方なく録画で我慢し、それらより早い時間帯の試合はTVの前で釘付けになりながら出来る限りリアルタイムで観戦していたので日々の睡眠時間が激減し、先週の日曜日は決勝トーナメントの「 アメリカ対ガーナ戦 」終了後の朝の6時ごろに就寝しましたが、なんと目覚めたのは10時間以上経過した夕方の5時過ぎでした(汗

 そんな訳で当方の帰宅後の「 三大日課(?) 」である「 ジョギング 」「 ギターの練習 」「 (勿論SmoothJazzメインの)音楽鑑賞 」もW杯中は疎かになり、「 ジョギング 」は自宅周辺を2.30分走ったのが僅か数日、「 ギターの練習 」こそ毎日行えど、その内容は1日10分程度の「 スケール練習 」のみという日が殆どでした。

 更に自宅内での「 音楽鑑賞 」に費やした時間は殆ど皆無と言っても良く、唯一じっくり音楽を聴いていたのは通勤・帰宅時の車の中くらいだったのですが、最近クルマの中でヘヴィロテで聴いている幾つかのオキニイリのアルバムの中でも「 Jay Soto(ジェイ・ソト) 」の


Stay a While




を流しながら走行していると、普段の通勤路の一部である味気無い典型的な工業地帯の産業道路がアーバンな雰囲気タップリの「 お洒落な街道 」に思えてくるから不思議です(笑

 正直現在は「 南アフリカW杯 」の事で頭が一杯で、いつもの様に「 次に何のアルバムを買おうかな? 」と悩みまくって考える余裕はなく、事実W杯開幕から現在まで1枚のCDも購入していませんが、決勝戦が終了して無事にワールドカップ熱が冷めた後に購入するであろうアルバムには、おそらく今は「 Stay a While 」しか持ってない「 Jay Soto(ジェイ・ソト) 」の他の作品が1枚加わる事は間違いないと思われます!  (σ・∀・)σ CDゲッツ!!


 「 Just Like That/Jay Soto 」







御協力お願いします♪

トラックバック0 コメント2
<< 2010/07 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。