日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊急告知
2011-04-26-Tue  CATEGORY: 日記(音楽)
 去年は大御所ベーシスト「 Stanley Clarke(スタンリー・クラーク) 」との競演作





スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング 上原ひろみ







で、見事「 グラミー賞 」を受賞し、今年になって新たに「 Simon Phillips(サイモン・フィリップス) 」「 Anthony Jackson(アンソニー・ジャクソン) 」という名うてのベテラン達とトリオを組んでリリースされたNew Album





ヴォイス







も好評な「 上原ひろみ 」が、以前からフィールドワークの一つとしている日本を代表する世界的タップダンサー「 熊谷和徳 」氏との競演による、東京・南青山のジャズ・クラブ「 ブルーノート東京 」でのLiveの模様が、明日「 4月27日 Pm 9:30 」からユーストリームを通じて無料生ネット中継されます!  



 ※ リンク先   http://www.ustream.tv/channel/bluenotetokyo





 今まで1度しか彼女のLiveを実体験してない自分が言うのは何ですが、本当に「 上原ひろみ 」の魅力が一番味わえるのは生の演奏ですので、時間が許す方は是非WEB上で彼女のLIVEの雰囲気を少しでも堪能して頂きたいですし、勿論自分も生中継の時間はディスプレイの前にかぶりつきwで観覧するつもりです♪  (((o(^。^")o))) ワクワク 





 「 Voice/上原ひろみ 」

















ポチ♪ぷり~ず!


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
「音楽とギターと私 その1」 (不定期・新連載)
2011-04-24-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 今年に入って前以上に記事の更新する回数が疎かになっていた当ブログも、どうにかココ1ヶ月くらいは週1回の更新ペースに戻せていますが、普段「 このアルバムorアーティストの話がしたぁ~い♪ 」とか「 是非ブログで言いたい事がある! 」などと思っても、当ブログの記事を書くのは殆ど週末Onlyな現状では、結局ブログ記事にはならずに忘れてしまう話題も多いのです(汗

 更に好き勝手な事を想うがまま書いている他の記事に比べ、あの程度の内容でも労力・時間的に数倍を要するスムース・ジャズ・アルバムに対する「 レビュー記事 」に関しては、最後に投稿したのは何時だったか?も忘れたくらい久しく書いてませんが、その時に一番書きたい事を好き勝手に綴る「 自己満記事w 」を投稿するのが正直最も楽しいので、暫くはこのスタンスで運営させていただきたいと思います(笑

 一旦話は変わりますが、当ブログを「 スムースジャズ 」をテーマにリニューアルするよりもかなり前に、自分がJAZZに夢中になった当初に聴き捲ってた1950~60年代辺りの「 ストレート・アヘッド・ジャズ 」をメインテーマにした別のブログを運営していたのですが、そこでは現在の様に拙い知識で大胆にも理論的な話をしたり、ギター類を中心に楽器の話題もする事無く、「 音楽理論に関する知識も、楽器を演奏した経験もアリマセン ヽ(ー_ー )ノ 」という体で記事を書いてました。

 その訳は、実際の経験上で他人にJazzを勧めてみても「 ジャズって難しいんでしょ? 」的な拒否反応が返って来る事が多かったので「 まったく理論や技術的な事など難しい事は分からないけど、充分Jazzを楽しんで聴いてます d(^0^)b ~♪ 」というスタンスで記事を書き、少しでも多くのJazzビギナーの読者を (σ ̄▽ ̄)σ Get!? するつもりで文章を構成してましたが、「 知識・能力 」的には未経験者と対して変わらないものの、体験上では明らかに「  」な訳で、大好きなテーマなのに図らずも偽りの自分を演じながらのブログ運営をしている事の「 後ろめたさ 」や「 気苦労 」しか感じなくなって更新も滞るようになり、結局そのブログは閉鎖してしまいました。

 その当時の読者の方々が当ブログに訪問してくれている可能性はゼロに近いでしょうが、自分の「 音楽 」や、ギターを始めとした「 楽器 」との係わり合いなどを記憶の限り正確に振り返った自己満足な記事を投稿したいと思います。

 但し、40年以上生きてきた割には乏しい(?)経験量しか無いのに、当方の文章力では1回分の記事に纏め切れない為、「 音楽とギターと私(不定期連載) 」として何回かに分けて投稿させて頂きます。

 まずは人生最初の「 楽器 」との係わり合いについてですが、3歳の幼少時から「 ピアノ 」と「 ヴァイオリン 」の英才教育を受け・・・・・なんて事はマッタク無く(笑)、幼稚園での「 カスタネット 」や「 ハーモニカ 」や、小学校の音楽の時間での「 リコーダ 」など、自分達の世代なら誰でも手にする「 楽器 」を経験しながらスクスクと育ち?、その後初めて自分のお小遣いで買った「 (勿論まだCDは存在せず)レコード 」は、当時の自分にとって一番のヒーローだったテリーとドリーの兄弟プロレスラー「 ザ・ファンクス 」の入場テーマ曲


 「 スピニング・トー・ホールド/CREATION 」



だったと記憶してますが、その頃の自分といえばTVの前で「 テリーコール 」を連呼しながらプロレス中継を夢中で観覧し、友達とのプロレスごっこではテリーになりきって必殺技「 スピニング・トー・ホールド/CREATION 」を繰り出していた「 プロレス大好き少年 」でしたw  ツルタ! (  ̄д ̄;)ノ オ~






ポチ♪ぷり~ず!

トラックバック0 コメント0
物欲が収まりません(汗)
2011-04-17-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 最初に偉そうな事を言わせて貰うと、「 リズム・テンポ 」が不安定では例え他が問題なかったとしても聴苦しい演奏になってしまう事は音楽の常識?ですが、将に短い演奏時間さえ満足に「 リズム・テンポ 」がキープ出来てない当方の下手くそ極まりないグダグダなギター演奏の音源を恥ずかし気も無く前回UPしてしまったので、お詫びといっては何ですが「 アール・クルー 」による素晴らしいガット・ギターの調べを御耳直しとして是非。


 「 Tropical Legs / Earl Klugh (Live) 」



 少し言い訳をさせて貰うと、音源UPの為に今回始めて利用した「 VOON(ブーン) 」の設定などの利用方法に結構戸惑い、UPした曲をワンテイクづつ録音して無事に録れた事だけを確認した時点でホッとして、その後は演奏内容を碌に確かめもせず直ぐに記事に貼って投稿してしまったので、もし演奏内容の確認をきちんとした上で録り直して・・・・・たとしても、今の自分の腕前では大して変わらなかったと思います(苦笑)

 只、後になって「 メトロノーム 」に合わせながら弾いてれば少しはマシな演奏が出来たかも?と思いましたが、本来「 メトロノーム 」等に頼らなくても「 リズム・テンポ 」が或る程度キープ出来なきゃ何の楽器を演奏する上でも話にならないし、一昨年に「 Ibanez (アイバニーズ) / ARTCORE AK95 」を入手してからは、実際に「 メトロノーム 」を使って数パターンの「 リズム・トレーニング 」を兼ねた「 スケール練習 」を十数年ぶりに再開していましたが、その効果も「  」な自分は元来「 リズム音痴 」なのでしょう。  ヽ(T_T )ノ

 まぁ自分の才能の無さを嘆いていても仕方ないので、今は前以上にテンポを意識しながらの「 スケール練習 」でリズム感が少しでも向上するよう励んでますし、よく大昔は自宅練習に取り入れていた、コピーした曲の「 レコード or カセット 」の再生に合わせて一緒にギターを弾くという練習も、その曲の正確なテンポを指と頭に叩き込めること以外に、最高のお手本と演奏する影響からのメリットが多い実り有る練習になると思い、前回取り上げた「 Wishful Thinking 」など、ここ1.2年でコピーした曲をCD音源に合わせて弾く事を、今更ながら最近再び始めました。

 そんなCD音源に合わせて弾くギター練習にメチャクチャ役立ちそうなツールで、最近存在を知って以来、欲しい気持ちが日増しに高まって抑えきれないのが、「 BOSS 」から発売されている「 オーディオプレイヤー ギターエフェクター 」


 「 eBand JS-8 」



 アナログ世代の40を過ぎた中年である当方には信じられない位の機能が満載の「 eBand JS-8 」についての詳細を知りたい方は、申し訳有りませんが上部の画像バナーのリンク先で確認して頂きたくお願いしますが、自分が一番ビックリ!&魅力的だと思った機能が、CDなどから取り込んだオリジナル音源からギターの音などを消して所謂「 マイナス・ワン 」にしてくれる「 センター・キャンセル機能 」で、その音源に自分が演奏を重ねた豪華すぎるミュージシャン達との競演もデジタル音源化可能です。

 更に早いフレーズ(パッセージ)を耳コピする際に便利そうな、音程を変えることなく再生テンポを自由に可変できる「 スピード変更機能 」は、父親が所有していた「 オープンデッキ 」を使って半分のスピードで再生した1オクターブ低い音を必死にコピーしていた10代の頃を考えると万感の想いがw

 この記事を書いている今も「 喉から手が出る 」くらい、欲しい気持ちが抑え切れない「 eBand JS-8 」なのですが、(実売)価格は大体自分の「 小遣い2か月分 」という当方にとって衝動買い出来る値段を遥かに超えた価格なので・・・・・

 先日伯母にも直接言われたのですが、自分に近い人達が思っているであろう当方が今一番真剣に考えなきゃいけない事は「 次こそは失敗しない結婚相手を1日も早く見つけて、もう70近くなった両親を早く安心させる 」事なのでしょうが、今の自分の中では「 人前で堂々と演奏を披露できる位、ギターが巧くなりたい! 」という想いが強すぎて、正直あまり他の事は考えられない状況なので、その願いを一日でも早く実現させる為にも「 eBand JS-8 」が必要かと(苦笑  (´~`ヾ)






ポチ♪ぷり~ず!

トラックバック0 コメント0
“アコースティックギターアンプ” 購入しました
2011-04-11-Mon  CATEGORY: 日記(音楽)
 前回も話題にしましたが、メディアでも「 福島原発事故 」の影響で原発近隣産でも何の問題もない農産物などまで買い控えられる風評被害や、行き過ぎた自粛ムードによる日本経済全般への悪影響など、人災と言える二次的被害に対しても徐々に報じられる様になりましたが、やはり今回幸いにも被害を免れた我々が被災地の為に「 寄付 」や「 ボランティア 」など各々が今出来ることをするのも大事な事ですが、それ以外は可能な限り震災以前と変わらない「 消費・経済 」活動を心がける事も、長い目で見た復興への支援になるのだと思いました。

 我ながら現金なもので、そう考えた途端に震災以来すっかり萎えていた性・・・・じゃなくて「 物欲 」が沸々と湧き上がってきた訳(笑)で、今欲しいものの中で一番当ブログ的な物と言えば、折角今年初頭に念願のエレガット「 YAMAHA NTX700 」を入手したけど以前から持ってた安アンプに繋いで弾いているので、もっとクリアな楽器本来のトーンを出せるであろう「 アコースティックギター・アンプ 」、出来れば本来の「 アコースティックギター・アンプ 」として以外に「 ジャズギター・アンプ 」としての使用でも人気が高い


 「 AER / Compact60 II (旧商品名 Bingo2) 」



が以前から欲しかったのですが、現在の当方の経済事情を考えると完全に「 高嶺(値?)の花 」なので、先々週の休日を利用して久しぶりに街へ買い物に出掛けた時に寄った楽器店のワゴンセールで売られていた、おそらく最も安値で買える「 アコースティックギター・アンプ 」であろう「 VOX 」社製の


 「 amPlug(アンプラグ) Acoustic 」



を購入してきました♪

 この「 amPlug(アンプラグ) 」はアンプといってもスピーカーは無く、「 ヘッド or イヤホン 」や「 外部スピーカー 」等に繋いだ本体をギターに直接挿して使用するアイテムで、電源は「 単四電池 」2本で何所でも使用可能です。

 以前から使用している15Wの小型モデリングアンプは、回路に相当量の電気を喰うであろう真空管を使用しているので、最近は特に節電を心がけなければならない夕方から夜は使用を自粛し、その時間帯は我慢して生音でギターを弾いてましたが、今は「 amPlug(アンプラグ) 」と充電池「 SANYO エネループ 」の組み合わせのお陰で節電や電池の品不足も気にせずに何時でもエレガットを堪能できますし、「 YAMAHA NTX700 」のサウンドホールをカバーで塞げばソコソコの消音になるので、深夜でもイヤホンでしっかりギター音は聴きながら寝る前にベットに腰掛けて一寸弾くなんていう「 サイレントギター 」ばりの使い方も可能になりました(嬉  (=´∇`=) ♪

 大分遅くなってしまって申し訳有りませんでしたが、今回は以前にお約束していた「 YAMAHA NTX700 」の音色を「 amPlug(アンプラグ) Acoustic 」を通したトーンで聴いて頂きたいと思い、まずは「 amPlug(アンプラグ) Acoustic 」のサウンド切り替えスイッチを「 ファット 」にし、ギター側のプリアンプのイコライザーを全て「  」にした状態でJazzスタンダードナンバーの「 As Time Goes By 」を弾いてみた音源を下にUPしたので、もし宜しければ聴いてみて下さい。



[VOON] As Time Goes By


 次は、サウンドスイッチを「 ブライト 」に切り替え、ギターのプリアンプのイコライザーも自分なりに調節した上で弾いてみた、尊敬する「 Earl Klugh(アール・クルー) 」師匠の名曲「 Wishful Thinking 」です。



[VOON] Wishful Thinking


 これ以上録音レベルを上げると音割れが酷かったので、音質が悪い上に音量が小さくて申し訳有りませんが、実際の「 YAMAHA NTX700 」と「 amPlug(アンプラグ) Acoustic 」の組み合わせによる音色は、個人的には悪くないと思ってます。

 それにしても今回の自分のギター演奏を客観的に聴いてみて、我が家に「 ぬか床 」が無くて良かったwと思いつつ、自分が「 AER / Compact60 II 」みたいな高級ギターアンプの購入を考えるのは、少なくとも「 ぬかみそ 」が腐る心配が無くなる程度にはギターの腕前が上達してからで十分だと悟りました(苦笑






ポチ♪ぷり~ず!

トラックバック0 コメント2
平常心で生活
2011-04-03-Sun  CATEGORY: 日記(その他)
 東北の大震災が発生した3月から月替わりして、最近は被災地の物資不足に関しては大分解消したようですが、それでも未だ「 16万人以上 」が殆どプライベートが保てないであろう避難所暮らしを余儀なくされている現状が続けば続くほど、精神的ストレスは溜まる一方だと思うので、住まいを失くされた方々には取り敢えず少しでも早く「 仮設住宅 」に入居できる様、願って已みません。

 又、今回の震災により日本全体に広がった「 自粛ムード 」の影響で、只でさえ節電で営業時間を短縮しているデパートの売り上げが激減しているとか、震災地ではない観光地でも閑古鳥が鳴いているなどのニュースも聞きましたが、被災地全体が復興する為に掛かる費用は約「 20兆円 」との試算も出ている様で、国内でも相当な額の募金が集まるでしょうし、親日国で有名な「 台湾 」からの募金額が「 100億円 」を超えたのを始め、全世界からも多くの善意が集まるでしょうが、それでも「 20兆円 」という準先進国クラスの国家予算に匹敵する額には程遠いでしょうし、結局1日でも早い復興を果たすためには日本の経済力が物を言うみたいです。

 よって「 節電 」や「 買占め 」をしないなどは心がけつつ、できるだけ普段どおりの生活をして経済に貢献するのも復興への重要なサポートなのに、前回の記事で言ったとおり先月小遣いの半分を寄付した後は普段以上の「 極貧生活 」を送っていた自分を反省し、まずは早く入手しないと売り切れの危険がある先月発売された「 上原ひろみ 」の新作のDVD付き初版限定版


ヴォイス




を知る限り最安値で買えるアマゾンで注文しようとしたところ既に売り切れだったので、今日の日中に先日お世話になった方への御礼の品を購入するために某デパートへ出掛け、そのついでに寄ったCDショップで買おうと思いましたが、在庫はありましたが売値が定価の「 3.000円 」なのを見て、結局自らの貧乏性故に躊躇して今回は購入しませんでしたが、近いうちに通常盤か今月発売予定の輸入盤のどちらかは絶対に入手するつもりでいます(苦笑 ヽ(´~`;)ノ

 その代わりの経済活動?として、ふと入った楽器店で節電にも役立つ「 掘り出し物 」を購入してきたのですが、その話題は以前に当ブログ内で御約束した事と含めて、また次回辺りという事で・・・・・ 


 「 Place To Be/上原ひろみ 」







ポチ♪ぷり~ず!

トラックバック0 コメント0
<< 2011/04 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。