日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広告出現阻止用投稿
2011-05-22-Sun  CATEGORY: 日記(その他)
 またまた久しぶりの更新になってしまいましたが・・・・GW明けから残業・休日出勤が続く多忙な日々を送っております。 ><。

 取り敢えず今月中には今抱えている仕事の片が付くと思いますが、今回は折角ご訪問して下さった方々に「 放置ブログ 」じゃないよ!というお知らせと、更新が滞るとTOP記事に出現してしまう「 アド広告 」阻止!の為の更新でしたが、忙しさが改善したら再びいつものグダグダ記事ですが投稿したいと思いますので今回はご容赦頂きたく思います(苦笑 <(_ _)>

 最後に折角遊びに来て頂いた方の為に、入手したのは大分前ですが、最近忙しい中でも何故か気に入って良く聴いている「 3rd Force 」のアルバム


Driving Force




の中から1曲♪
 

 「 believe in me /3rd Force 」







ポチ♪ぷり~ず!

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
「音楽とギターと私 その2」
2011-05-08-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 前回お伝えした通り、幼少時は「 音楽 」に対して特に深い係わり合いが無くてもスクスクと伸びやかに育っていった(?)当方でしたが、初めて「 ハーモニカ 」や「 リコーダ 」など誰でも経験するもの以外の楽器に関わったのは、小学校高学年の頃に家族で泊りがけで遊びに行った親戚の家に、当時「 アコギ弾き 」だった従兄弟がいて、その従兄弟から滞在中に(何の曲かは忘れましたが)簡単なオープンコード数種類で弾ける曲など、「 ギター 」の基礎を教わり、帰りに「 このギターは、もう使わないから持って帰って練習しなさい 」とお古の所謂「 フォークギター 」を貰いました。

 但し、その後は言いつけ通りにちゃんと練習して徐々に「 ギター 」が上手くなった・・・・・という事は無く、ただ教わったコード進行のみを暇つぶしのオモチャ代わりに時々ジャカジャカ弾くだけの、折角教えてくれた上に「 フォークギター 」までクレた従兄弟に対する失礼極まりない恩知らず振りを発揮してました(苦笑 ヽ(ー_ー )ノ

 一旦話は変わりますが、小学5年で同じクラスになって以降、仲良くなってお互いの家を遊びに行き合うようになった「 B君 」という友人が居るのですが、やがて同じ中学校へ進学した後、「 B君 」は「 Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン) 」のコピーバンドで「 ギター 」を弾いていた当時大学生だったお兄さんに影響されて、自身も「 エレキギター 」が欲しくなるのですが、お兄さんから「 同じギターよりも別の楽器を選べば、上手くなったら一緒にバンドできるぞ! 」と言われて結局「 ベーシスト 」を目指すことに心変わりし、親から「 Fender Precision Bass(フェンダー プレシジョンベース ) 」のコピーモデルを買って貰います。

 そうなると兄と同じようにバンドが組みたくなった「 B君 」は、自宅に「 フォークギター 」があるのを知ってて、実際に目の前で弾いた(鳴らしただけ?)事もある自分に「 エレキ買って一緒にバンドやらない? 」と誘うのですが、その時は「 エレキギター 」にも、時々「 B君 」の家で聴かされていた「 Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン) 」を始めとするロックにも興味は皆無だったので、友達に悪いとは思いつつも一旦は誘いを断ります。

 しかし、それから暫くすると他の同級生の中にも「 エレキギター 」を持つ人がポツポツ現れ、それを見ていたら何だか自分も急に欲しくなり、結局「 B君 」に付き合って貰ってお年玉やお小遣いなどから貯めた当時も今も自分にとっては大金に値する「 4万円 」で「 Greco(グレコ) 」社製の「 Les Paul Custom(レス・ポール・カスタム) 」のコピーギターを購入しちゃいます。

 そして自分以外にも、やはり実兄の影響で既に「 ドラム 」を叩いていた「 O君 」、「 B君 」が「 ボーカルは見た目が重要! 」という考え方で決めた中学3年間通して女子人気がダントツで学年No.1だった「 T君 」の4人で、遂にロックバンド「 Moby dick(モビー・ディック) 」が結成されます。

 まずは「 O君 」兄弟の「 ドラム 」練習場所でもあった自宅に隣接した「 O君 」のお父さんの会社の倉庫の片隅で、時折「 B君 」や「 O君 」のお兄さんに指導を受けながらバンド練習を始めますが、最初の頃は何人かの友達が見学に来たりする程度でしたが、そのうちに明らかに「 T君 」目当てと思われる女子達を含め、多いときには数十人の同級生が見学するようになり、バンドのレパートリーが数曲に増えた頃には自然とミニLiveのような状況にw

 そのお陰か2年生の秋の「 文化祭 」出演のオーディションに無事合格し、初めて全校生徒を含めた千人越え(?)の大観衆の前で演奏し、その後も2年次の「 卒業生を贈る会 」と3年次の「 文化祭 」に出演し、ラストに友人を集めて練習場所だった倉庫で中学最後のLiveを終え、高校入学後に再び再開することをメンバー全員で誓って一旦活動中止という事になりましたが・・・・・


 「 Heartbreaker (Live) /Led Zeppelin 」







ポチ♪ぷり~ず!

トラックバック1 コメント0
『幸せ』って何だっけ?
2011-05-03-Tue  CATEGORY: 日記(音楽)
 既にGWに突入し、中には「 10連休 」以上なんて方もいらっしゃるでしょうが、自分は4/28の「 昭和の日 」に休日出勤した分を1日振り替えて、どうにか有給を使わずに今日5/3からの「 6連休 」をGetしました。

 社会人になって暫くは、学生の頃は当たり前だった1ヶ月以上の休みどころか、1週間以上の連休を取れる機会も滅多に無い現実に虚しさを感じたりもしましたが、未だイイ年になっても朝が弱い事に関しては人並み以上と自負している当方にとって、今回6日も目覚まし時計で無理やり起きなくて良い朝が続くというだけで、今ではヒシヒシと「 幸せ♪ ☆・°・。・°(@⌒◇⌒@)/。・。・°★ 」を感じてしまいます。

 又、3月の終わり頃に左肩が身を持って加齢を実感せざるを得ない「 40肩 」に初めてなり、その痛み以上に精神的なショックを受けてたのですが、以前同じ「 40肩 」を患った人から聞いた話よりは早い1週間~10日程度で、私生活上では大して痛みが気にならない位に回復したので、「 まだまだ肉体の回復・治癒力に関しては、ソコソコ若いレベルなのでは(嬉) 」などと調子良く思い上がって「 幸せ♪ ☆・°・。・°(@⌒◇⌒@)/。・。・°★ 」を勝手に感じていました。

 又、先月の或る休日にヤボ用で出掛けたついでに大昔のバンド仲間でもある幼馴染のお宅に少しだけお邪魔したのですが、そこで出来る限り毎日「 ギター 」練習に励むようになって2年近く経つのに、ブランクが長かったせいか?一向に腕前が上らない不満を「 自分なりに努力してるけど、過去の絶頂期を100とすれば、いまだ50にも満たない感じで思うように上達しない・・・ ヽ(T_T )ノ  」と、つい愚痴を言ってしまったのですが、友人から「 自分も昔みたいにバンドやりたいってタマに思うけど、今は時間も経済的余裕も無くて無理だ 」という返事を聞き、なかなか上手くならなくても帰宅後に「 ギター 」を弾くという楽しみが待っている自分は「 幸せ♪ ☆・°・。・°(@⌒◇⌒@)/。・。・°★ 」なのだと反省しました。

 それから、このところの当方の懐事情により購入してなかった、本来なら発売前に予約してでも入手したかった近年発売の「 CDアルバム 」の内の何枚かを、ようやく最近になって少しずつ買い始めたのですが、そんな「 CDアルバム 」の中のひとつで、いまや限られた人物のみが許されるであろう豪華すぎるメンバーが多数参加している、去年の10月発売の「 Dave Koz(デイヴ・コーズ) 」最新作


Hello Tomorrow




を入手後ワクワクしながら再生すると、1曲目からギターに「 Lee Ritenour(リー・リトナー) 」先生がゲスト参加した、プロデューサーとしてもクレジットされている「 Brian Culbertson(ブライアン・カルバートソン) 」作らしさが全開のファンキーかつR&Bテイストが充満した期待のナンバーが収録されていたのですが?

 自分ごときが失礼極まりないのは重々承知ながら、いまいちコーズさんの魅力が伝わってこない上に、これならコーズさんでは無く「 Eric Marienthal(エリック・マリエンサル) 」と組んで名盤


Just Around the Corner




を超えるような作品を再びプロデュースして欲しいとさえ思ってしまいました。

 続く2曲目も「 Boney James(ボニー・ジェイムス) 」とコラボという期待のテイクでしたが、明らかに「 誰のアルバム? 」と言いたくなる程のボニーぽさ全開のナンバーで、曲そのものは好きなタイプの魅力的な1曲でしたが、またもや自分が求めるコーズらしさは殆ど伝わってきませんでした。

 徐々に3曲目以降からは自分が求めていたコーズの魅力を所々感じる部分もありましたが、まず1回全曲を聴き終えた感想は、「 期待はずれ 」とまでは言いませんが、何か肩すかしを喰らった気分に・・・・

 但し、もう一度始めから聴き直してみると「 こんなコーズも悪くないかも? 」と自身の中で心境が少し変化し、更に3.4回聴き終えた頃には暫くヘヴィロテ決定のオキニイリ作品にイメージアップし、今では「 Hello Tomorrow 」に出会えた事に「 幸せ♪ ☆・°・。・°(@⌒◇⌒@)/。・。・°★ 」さえ感じているのですから、我ながら(爆

 今回はいつも以上に支離滅裂な内容でお送りしてしまいましたが、結局何が言いたかったかというと、辛いことや不幸だと思えることも、ちょっと視線や考え方を変えてみれば「 幸せ♪ ☆・°・。・°(@⌒◇⌒@)/。・。・°★ 」だと思える場合も多々あるのでは?という訳で、取り敢えず「 ポン酢しょうゆ 」 がある我が家は間違い無く「 幸せ♪ ☆・°・。・°(@⌒◇⌒@)/。・。・°★ 」だと(ワラ

 ʅ(´◔౪◔)ʃ 古いし、つまらん!


 「 Getaway/Dave Koz 」







ポチ♪ぷり~ず!

トラックバック0 コメント0
<< 2011/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。