日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
驚異?のデビューアルバム
2012-09-16-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 まだまだ日中は暑い日が続けど、夏のピークと比べれば朝晩は大分過ごしやすくなってきたので確実に秋は近づいていると思われますが、相変わらず当方の心の中には秋風どころか木枯らしが吹いてます(苦笑 (T . T)

 そんな(?)中、万年貧乏wの身にも関わらず新作リリースのアナウンスを聞けば、例え(今は独り身ですがw)女房を質に入れてでも手に入れたいスムース・ジャズ系アーティストの一人「 ジョナサン・バトラー(Jonathan Butler) 」の新作アルバムが今月25日発売との情報が!

 もしかして個人的に待望していた2005年発売の「 Jonathan (Dig) 」以来のギター・インスト・チューン中心のアルバムか?と期待を膨らませつつ、その新作「 Grace and Mercy 」の内容を探ってみたところ・・・・・

 どうやら敬虔なクリスチャンのジョナサンが近年ライフワークの一つにしている宗教音楽、所謂「 クリスチャン・ミュージック 」のアルバムらしく、見た目だけでなく、心の美しい女性は全て 『 ネ申 』 と崇め奉る「 綺麗なお姉さん教 」の熱心な信者wゆえに当然キリスト教徒ではない当方は、残念ですが今回のアルバム購入は Pass!! しようと思います。

 そして言葉は悪いけど肩透かしを喰らったガッカリ気分を癒そうと手持ちのCDの中から選んで聴いたのが、「 ガット(クラシック)ギター 」を中心とした全曲インストゥルメンタル・ナンバーで収録されている「 ジョナサン・バトラー(Jonathan Butler) 」のデビューアルバム


Introducing

     


 まだ人種隔離政策(アパルトヘイト)中だった南アフリカからイギリスへ移住したばかりのジョナサンをボーカリストとして大々的に売り出す前に、まずはレコーディングに馴れさす為に元々得意なギターを使ったインスト曲を(テスト?)録音したナンバーを集めた「 Introducing 」。

 発売から30年近く経った作品なのに古臭さは感じませんし、今聴いても心地良さが伝わる上質なスムースジャズ・アルバムだと個人的には思ってますが、残念ながら遂に最近「 廃盤 」扱いになってしまった様で、既に一部のショップでは新品のCDがプレミア価格で売られているのを見かけましたが、まだ中古盤なら適価で充分購入可能だと思います。

 自分と同じく「 ナイロン弦の響きが一番似合う季節は秋♪ 」と思っている方なら、特にこれからの季節にオススメの作品ですので機会があれば是非! (。◕‿​‿​◕。)b


 「 7th Avenue South / Jonathan Butler 」







下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
我が青春の歌姫
2012-09-09-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 アメリカの人気ロックバンド「 MR.BIG(ミスタービック) 」のボーカリスト「 エリック・マーティン(Eric Martin) 」がJ-Popの名曲を英語でカヴァーしたアルバム


MR.VOCALIST

     


 「 PRIDE / Eric Martin 」



は好調なセールスを記録し、現在も同様のコンセプトのエリック作品が連続して発売され続けているので御存じの方も多いと思いますが、自分は先日知人に聴かされて初めてこのアルバムの存在を知りました。

 そして帰宅後に自宅で少し「 MR.VOCALIST 」についてググってみたところ!?

 若い頃から女性芸能・有名人に対してアイドル的な興味を持った事が殆ど無い自分にとって、もしかしたら唯一の例外?かもしれない1980年代後半から1990年代に掛けて一世を風靡した米国のTopアイドル「 デビー・ギブソン(Debbie Gibson) 」も


MS.VOCALIST




 「 I Love You / Debbie Gibson 」



という「 MR.VOCALIST 」と同コンセプトのアルバムを約2年前にリリースしているではありませんか!!

 バリバリの日本人のクセに新旧問わずJ-Popにはウトい当方なので、正直アルバムの収録内には知らない曲も多いのですが、何といっても彼女の代表曲の一つ「 Lost In Your Eyes 」のセルフカバーがボーナストラックとして英語と日本語の2テイク収録されている点だけでも当方にとってはタマりません♪


 「 19歳の時の『Lost In Your Eyes』 」



 「 40歳での『Lost In Your Eyes』 」



 ルックス面でも以前の可愛らしさの面影は残りつつ、現在は大人の女性の魅力がムンムンwのデビーですが、歌声もかつての透明感に妖艶さが加わった感のある美熟女デビーの「 MS.VOCALIST 」。

 来週のお小遣い日まで財布の中はスッカラカンで、今日の休日も何処にも遊びに行けずに家で大人しく過ごしている有様なのに、また直ぐにでもCDアルバムを入手したい作品が一つ増えてしまいました(苦笑 (☍﹏⁰)

 ※ 現在のところ今回取り上げた両アルバムとも「iTunes Store」での取り扱いはありませんが、上部バナー先のAmazonのHP上にて全曲試聴可能です。






下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

トラックバック0 コメント0
ひろみタソの New Album
2012-09-05-Wed  CATEGORY: 日記(音楽)
 先週末は時間がなくて記事を書けず、替わりに今回は珍しく平日に更新してみますが、文章はいつも通りのgdgdな独り言記事の短縮版(苦笑)だけど、一応?内容は「 上原ひろみ 」の新作の御紹介です♡

 その本日9月5日にリリース(日本先行発売)されたNew Album


ムーヴ(初回限定盤)(DVD付)

     Move - 上原ひろみ


は、「 アンソニー・ジャクソン(Anthony Jackson) 」「 サイモン・フィリップス(Simon Phillips) 」という大御所2人を堂々と従えてのユニット「 The Trio Project 」第2弾です。

 前作「 VOICE 」では、CD音源からでも本気度が感じられる「 サイモン・フィリップス(Simon Phillips) 」や、あくまで裏方に徹した「 アンソニー・ジャクソン(Anthony Jackson) 」のいぶし銀的なプレイは別にして、ピアノトリオというシンプルな構成や曲調から原点回帰的な作風だと感じた当方でしたが、今回の新作ではどんな新たな面を聴かせてくれるのか楽しみ♪

 ・・・・・でしたが、毎度お馴染み(?w)「 金欠病 」が少しも改善してない状況ゆえに後に発売される格安の輸入盤を購入予定なので、ひろみタソの新作を聴けるのはもう暫く先の事に(悲 (´;ω;`)


 「 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト - 「MOVE」ライヴ・クリップ  」







下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

トラックバック0 コメント0
<< 2012/09 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。