日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kick Smoothjazz Award 2012
2012-12-30-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 どうにか担当していた年内が期限の案件を28日に終わらせて今年の仕事締めとし、昨日・今日で急いで我が家の大掃除も済ませたので、後は年明けを迎えるだけとなりました♪

 当ブログに関しても今日をもって今年のブログ収めとさせて頂きたくつもりなので、そこで今回は年内最後の投稿での恒例、今年当方が入手したスムースジャズアルバムの中から一番のオキニイリ作品を決める「 Kick Smoothjazz Award 2012 」を発表したいと思います。

 但し、当方が今年入手したCDの中でオキニイリとなった作品には非「 スムースジャズ 」、特に「 パット・メセニー(Pat Metheny) 」「 マーカス・ミラー(Marcus Miller) 」「 エスペランサ・スポルディング(Esperanza Spalding) 」「 上原ひろみ 」などの今年リリースされたアルバム等、同じコンテンポラリーJazz系でも「 スムースジャズ 」とは明らかにフォーマットの異なるジャンルの作品も多く、近年で今年くらい「 スムースジャズ 」から距離を置いた期間も無かったのですが・・・・・

 それでも当方を辛うじて「 スムースジャズ 」ファンに留まらせてくれたアルバムとも多々出会えましたので、そんな作品の中から厳選してエントリーした3作品を紹介したいと思います!


Funky Joint

     The Funky Joint - Paul Brown

Electric Wonderland

     Electric Wonderland (Bonus Version) - Chris Standring

Weekend in L.a.

     WEEKEND IN L.A A TRIBUTE TO GEORGE BENSON - U-NAM & FRIENDS


 すっかり裏方では無く表舞台での活躍が目立ってきた「 ポール・ブラウン(Paul Brown) 」のラジオ・フレンドリーなキャッチーさの中にもブルース・フィーリングがそこはかとなく漂う内容が印象的だった「 Funky Joint 」は、おそらく今年発売された「 スムースジャズ 」アルバムの中でもセールス面ではTopクラスだったと思われます。

 基本的には再び「 クリス・スタンドリング(Chris Standring) 」独自の唯一無二な雰囲気が漂うギター・スムースジャズ・スタイルに戻りつつも、(印象派)クラシック音楽の要素を全面に取り入れた異色の前作「 Blue Bolero 」の要素も加味された作風の「 Electric Wonderland 」も、作品自体の出来は勿論、これからの彼の方向性に対しての期待を膨らませてくれた思い出深い作品になりました。

 そんな2作品を押し退けて、今年度の「 Kick Smoothjazz Award 」に見事選ばれたのは?

 ★ Weekend in L.a./U-Nam ★

   (*^◇^)/☆;:*:;☆;:*:;☆“Congratulations”☆;:*:;☆;:*:;☆\(^◇^*)


 「 Give Me The Night / U-Nam feat. Tim "TiO" Owens ( Official Music Video )  」



 「 ユーナム(U-Nam) 」が尊敬する大御所「 ジョージ・ベンソン(George Benson)」に対するトリビュート・アルバム「 Weekend in L.a. 」に関しては、発売より大分前に彼のHPにてアルバムの制作を知りつつも、諸事情(?w)にてリリースがかなり遅れて待たされた分、相当に期待も膨らんでいた上でのCD入手でしたが、正直長く待たされた事など忘れてしまったくらいの期待以上の出来を感じ、ベンソン氏のヒット・チューンを下手に崩す事なくも、しっかり「 ユーナム(U-Nam) 」色を出してくる辺りは、改めて彼の実力を感じつつ自分の「 ユーナム(U-Nam) 」ファン度も更に上昇させてくれた点から、今年度の「 Kick Smoothjazz Award 」に自信を持って推挙しました。

 来年も上記の3アルバムに負けない名盤に1枚でも多く出会えることを願いつつ、今年のブログ活動の締めとさせて頂きます。

 それでは皆様良いお年を♪

(。◠‿​◠。)ノシ See you next year !







下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
Christmas song for you
2012-12-23-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 いま世間ではクリスマスイブを含んだ3連休を堪能中の人が多いのでしょうが、管理人は年内締めの仕事を抱えて昨日まで残業続きで、今日は1日だけ休みを取りましたが先程まで自宅で仕事してました。 (o´Д`)=з ツカレタ.....

 そんな可哀想(?)な自分と、こんな駄ブログにわざわざ御足労下さった方々への当管理人からの囁かなChristmasプレゼントとしてChristmas songを2曲UPしたいと思います♪

 まずは去年に極身内を集めて我が家で開いたクリスマスパーティー用のBGMに使ったけど、参加者の誰も話題にすらされなかった、当方が所持する唯一のスムース・ジャズ系「 Holyアルバム 」である「 デイヴ・コーズ(Dave Koz) 」の


Ultimate Christmas

     Ultimate Christmas - Dave Koz


から1曲♫


 「 The Christmas Song / Dave Koz 」



 そして2曲目は、早くも先月辺りから巷で流れ始めていた「 お洒落Christmasソング? 」の中でも管理人が以前からオキニ入りのナンバーで、「 ナット・キング・コール(Nat King Cole) 」の愛娘「 ナタリー・コール(Natalie Cole) 」が唄う


 「 My Grown-up Christmas List / Natalie Cole 」



Magic of Christmas

     The Magic of Christmas - ナタリー・コール


 イントロのメロディから始まり、曲の最後まで伝わってくる切なさが現在の当方の心情とマッチして、この記事を書いている今も涙が止らず困ってます(嘘w

 さて再び仕事に追われる日々が暫く続く明日以降の為に、今日は当記事を投稿したら直ぐに風呂に入って就寝するつもりですが、年内に最低あと1回は記事を更新する予定です・・・・・それでは皆様良い夜を

♫彡。.:・¤゚♫彡 Merry Christmas ♫彡。.:・¤゚♫彡






下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

トラックバック0 コメント5
KORG MICROMETRO
2012-12-16-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 現在当方は実親と共同で建てた二世帯住宅の一世帯分に一人暮らしなのですが、自分のトコには洗濯機が無いので両親世帯の分と一緒に洗濯して貰ってますし、入浴も毎日親世帯の風呂場を利用と、イイ歳してほぼパラサイトシングルしています(恥 (*´д`*)

 更に食事も基本両親世帯と一緒ですし、時々する自炊も親世帯のキッチンを100%使用しているので、自分の台所ではタマにお湯を沸かすか、完全に飲み物専用と化している冷蔵庫を利用する位です。

 その新築時に購入した我が家の冷蔵庫から先日突如異音が鳴り響き、直ぐに中を見てみると完全に機能がストップしていたので、慌てて冷凍室のアイスクリームだけ親世帯の冷蔵庫に移しました。

 今冬は冷蔵庫なしでも乗り切れると思いますが、冷たい飲み物の需要が増す来年の夏前までには(今度は一人暮らし向けの小型冷蔵庫にするつもりですが)買い替えの為の出費がやむを得ないと思うと頭が痛いです(苦笑 (◞‸◟)

 悪いことは重なるのか?冷蔵庫が故障した同じ日に、昔から同じテンポで演奏しているつもりでも無意識に早くなってしまう所謂「 走りグセ 」を自覚してるが故に、少しでもテンポキープを身体に叩き込む意味でもスケール練習時などには必ず使用している「 メトロノーム 」も、スイッチを入れてもウンともスンとも言わず、電池を取り替えてもまったく反応しない様になってしまいました(涙

 仕方ないので数日は『 メトロノーム 無料 』でググって探したサイトをギター練習時には利用してましたが、「 メトロノーム 」を使うのにイチイチPCを立ち上げるのも面倒だったので、ギター周辺の小物を購入する時の当方の常套手段w「 楽天市場 」で買える有名メーカー製の中で一番安い物を調べて直ぐにポチッ♪としたのが


KORG(コルグ) デジタルメトロノーム MICROMETRO MCM-1RD レッド [メール便発送、送料無料、代引不可]【YDKG-kd】【smtb-KD】[楽器]

価格:750円
(2012/12/15 18:43時点)




 実物が届いてビックリ!したのはタテ・ヨコ共に「 45ミリ 」という想像以上の小さなサイズ。


KORG MICROMETRO


 その中にタバコのフィルター位の大きさの「 液晶表示 」と、米粒みたいな「 ボタン式スイッチ 」が配置されてますが、実際使ってみて視認性・操作性に於いて少なくともストレスを感じる程では有りませんでした。

 又、テンポは「 4 BPM 」刻みでしか調節出来ませんが、「 120 BPM 」がデフォで他テンポスピードで使用する機会など殆ど無いw当方には無問題だし、ビート音の音量調整も「 大・小・無音 」の3段階にしか出来ませんが、これも自分の使用状況下では大した問題じゃ無いので、当面はこの「 KORG MICROMETRO MCM-1 」を使ってガンガン練習していきたいと思います! (。◠‿​◠。)

 只、自分が使用する分の「 単3・単4・9V乾電池 」に関しては、現在全て「 充電式 」のもので対応してますが、今回の「 KORG MICROMETRO MCM-1 」や、以前当ブログで取り上げ、ほぼ現在も毎日愛用している「 クリップ式(電子)ギターチューナー 」


KORG コルグ ギター・ベース用 クリップ・タイプ・チューナー pitchclip




など、ギター関係の電子小物の小型・薄型化が進んで益々「 ボタン電池 」を電源とする機材が増える気配が・・・・・これからは電池切れにも直ぐ対処出来るように常に「 ボタン電池 」のストックをして置かないと駄目ですねw






下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

トラックバック0 コメント0
巨星逝く
2012-12-09-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 「 ウエストコースト・ジャズ 」界を代表するプレイヤーの一人で、きっとジャズに馴染のない方でも聴き覚えが有るであろう名曲「 Take Five 」収録の「 Time Out 」

Time Out

     Time Out - The Dave Brubeck Quartet


などの名盤で知られるJazzレジェンド「 デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck) 」が、誕生日の前日に当たる今月5日に91歳でこの世を去りました。

 自分にとって「 Time Out 」との出会いは、当時50~60年代辺りのバップ系ジャズばかり聴いていた当方に他のジャンルのJazzにも目を向けさせ、その後「 フュージョン 」や「 スムースジャズ 」などのコンテンポラリーJazzにも素直に夢中になれた事に起因した作品の一つだったと思います。

 そして「 ウエストコースト・ジャズ 」と言えば、当ブログのメインテーマである「 スムースジャズ 」のルーツであり、「 デイヴィッド・ベノワ(David Benoit) 」など実際に「 デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck) 」と交流のあったスムースジャズ系のプレイヤーも少なく無かった様です。

 最後に「 Time Out 」の収録曲の中で個人的な一番のお気に入り「 Blue Rondo A La Turk  」をUPして、故人の冥福を祈りたいと思います・・・・・RIP Mr.Dave Brubeck


 「 Blue Rondo A La Turk / Dave Brubeck Quartet 」






下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

トラックバック0 コメント0
ドライブデートのBGM
2012-12-02-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 昔から『蓼食う虫も好き好き』とは良く言った物で、僅かながら当方にも異性からアプローチを受けた経験が有ったので「 何かが少し変われば自分はモテる・・・ 」という根拠の無い希望を抱いてた思春期の自分も、ようやく大学生になった頃には「 基本自分は黙ってても女性の方から寄って来るタイプでは無い (☍﹏⁰) 」と自覚しましたが、それでも諦め切れずに「 パ○コ 」や「 マ○イ 」などでローン購入したブランド物の服を着たり、六本木界隈の女の子ウケしそうなお洒落な店を探索したりと少しでもモテたい一心で無駄な努力を続けてました(苦笑

 二人きりでの車内のムードを盛り上げる為に利用していたと前回話題にした「 ボズ・スキャッグス(Boz Scaggs) 」や「 ボビー・コールドウェル(Bobby Caldwell) 」などの「 AOR( アダルト・オリエンテッド・ロック) 」アルバムもその一環でしたが、当時の「 クワイエット・ストーム 」フォーマットのFMラジオ番組などでOnAirされる様なSweetテイストの「 ブラック・コンテンポラリー 」系アルバムも同様に良く利用してました。

 そんな「 ブラック・コンテンポラリー 」系アーティストで音楽的にも純粋に大好きだった内のひとつが、コンポーザーやスタジオ・ミュージシャン等でも活動していた実力派3人組の「 Surface(サーフィス) 」というグループ。

 「 Surface(サーフィス) 」をご存知だと言う方の中には、きっと自分と同じ様に彼らの最初の大ヒット曲「 Shower Me With Your Love 」


 「 Shower Me With Your Love / Surface 」



で存在を知った方も少なくないのでは?と思いますが、何といっても「 Surface(サーフィス) 」の曲の中でも自分が一番好きなのが、彼らが唯一ビルボード総合チャートで1位を獲得した名曲「 The First Time 」


 「 The First Time / Surface 」



 ここで再びオッサンの昔話に戻りますが、或る日同僚の紹介でクールビューティー(死語?)な見た目とは裏腹に人懐っこい性格の女子大生と知り合い、その日のうちに(自分の勘違いじゃ無ければw)すっかり意気投合し、見事最初のデートの約束を取り付けます♪

 そしてデート当日、ドライブ中のBGM用に用意していたCDの内のひとつで「 The First Time 」収録の「 Surface(サーフィス) 」の3.rdアルバム


3 Deep

     The First Time: The Best of Surface - Surface

※ 『iTunes Store』の上部バナーはベスト盤 『First Time: Best of Surface』 にリンクしています


を聴いた彼女が「 (✿◡‿◡) 私もサ-フィス好き♡ 」と奇跡の一言を!?

 結局その彼女とは恋人関係には至りませんでしたが、その後も互いに彼氏・彼女が出来てからでもドチラからともなく連絡を取り合い、時々遊んだり一緒にご飯を食べに行ったりする普通の友人としての関係が、彼女から勤めていた某大手家電メーカーの同僚と結婚して西日本方面へ行く事になったと連絡があった数年後まで続きました。

 まぁ流石に今では「 AOR( アダルト・オリエンテッド・ロック) 」だろうが「 ブラック・コンテンポラリー 」だろうが、モテる為の手段にどれだけ良い音楽を利用しても自分には効果なし!という事実に気付いてますが(苦笑 ʅ(◞‸◟)ʃ






下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

トラックバック0 コメント4
<< 2012/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。