日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレオパトラの夢
2006-03-30-Thu  CATEGORY: 日記(音楽)
先日、ニュースキャスターの「 木村太郎 」さんが発起人で、
湘南「 葉山マリーナ昔、ドライブデートのmy定番でした (*/∇\*) 恥) 」にある、
JAZZ中心の「 ミニFM局 」の「 インターネットラジオ 」放送

「 Shonan BeachFM 78.9 」
(JAZZを聴いてみたいけど、お金を出してまでは?という方は是非!)

を聴いていて、ある事に気が付きました。 ( ̄□ ̄;)アッ!!
それは、まだ「 ピアノ 」がメインの「 JAZZアルバム 」を紹介していない事です。

そこで今回紹介するのは、ピアノにおける「 ビーバップ 」を開拓したことや、
今では当り前の「 ピアノ・ベース・ドラム 」の「 ピアノトリオ 」を確立した事で、
「 モダンジャズピアノの祖 」と呼ばれている「 バド・パウエル 」の

「 ザ・シーン・チェンジズ(1958) 」
    
  ザ・シーン・チェンジズ (iTunes)
icon
「クレオパトラの夢」の試聴は「TOSHIBA-EMI JAZZ」サイトで!
http://www.toshiba-emi.co.jp/jazz/bluenote/release/tocj6406.htm (Real or WMP)


1924年NY生まれのパウエルは、16歳の時に生まれ育ったNYでプロデビューします。
彼の師である「 セロニアス・モンク 」らの影響を受けながら、
天才ピアニストとしての素晴らしいキャリアを積み重ねていくのですが・・・

この時代のジャズメンには多い「 麻薬・アルコール中毒 」に彼も溺れてしまい、
パリへ活動拠点を移すなど、演奏活動は続けていくのですが、
その後NYへ戻って直ぐに、原因が栄養失調という悲惨な死で42年の生涯を終えてます。
そんな彼の晩年をモデルにしたのがフランス映画の名作「 ラウンド・ミッドナイト  」です。

このアルバムの冒頭のナンバー「 クレオパトラの夢 」は、
早いテンポながら、いかにも日本人好みのメロディアスな曲調で、
日本のジャズファンなら知らない人はいない位有名なのは勿論、
CMやTV番組でも度々使用されている、大抵の方が聴き憶えのあるはずの曲ですが、
米国では、ジャズファンでさえ殆んど無名な日本限定?のスタンダードナンバーです。

「 クレオパトラの夢 」を始め、全てパウエルのオリジナル曲で構成された、
きっとジャズファン以外の方にとっても、聴きやすい1枚だと思います。


【PR】 石原壮一郎の『大人のビジネスマン力診断』、受診受付中!



投票お願いします!
音楽全般 - 音楽
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。