日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Dance/Dave Koz
2009-04-04-Sat  CATEGORY: CDレビュー(SmoothJazz)

   Dave Koz - The Dance


1. Together Again 2. I'm Waiting for You
3. Can't Let You Go (The Sha la Song) 4. Careless Whisper
5. Love Is on the Way 6. Know You by Heart 7. Surrender
8. You Are Me, I Am You 9. Dance 10. Cuban Hideaway
11. Bright Side 12. Don't Give Up 13. Right by Your Side
14. I'll Be There

 「 amazon.co.jp 」サイト内でも収録全曲試聴可能です




 自分が入手したCDは、ラジオDJもこなす「 SmoothJazz 」界きってのエンターテナーで、人気Saxプレーヤーであるコーズの最高傑作であるとの評判と、ネットラジオの各専門局で頻繁にOnAirされる  を聴き、このアルバムが気になっていたところで、去年、地元のCDショップで「 宇多田ヒカル 」の「 First Love  」





のカバーがボーナストラックで収められた、既に廃盤の「 国内版 」を偶然見つけて衝動買いしたものなのですが、今回は、現在も入手が容易な「 輸入版 」に基づいてレビューしたいと思います。

 軽快なアコースティックギターのカッティングに乗って、コーズがソプラノサックスでPOPなメロディを奏でる  は、全米の「 SmoothJazz 」チャートを席巻した本人作のインスト・チューンで、単にプレイヤーとしてだけでは無く、「 メロディ・メーカー 」としてのコーズの才能を実感できる至極のナンバー。

 ほぼ原曲通りのアレンジで「 Wham! 」の名曲をカバーした  ですが、R&B系ヴォーカリスト特有の切なさを伴なった甘さと、コーズの「 アーバン 」な雰囲気を上手く醸し出したSaxの音色による影響で、本家の「 Wham! 」とは、また一味違った魅力を出していると思います。

 同じくヴォーカル・チューンの  は、「 SmoothJazz 」系のアルバムで取り上げられるのは珍しい?「 カントリー・ソング 」ですが、コーズらしい「 爽やかさ 」と「 甘い 」雰囲気を兼ね備えた、上質のバラードに仕上がっています。

 人気ギタリスト「 Marc Antoine 」をゲストプレーヤーに迎えた、 では、「 男声コーラス・バックヴォーカル 」を上手く用いてドラマティックに盛り上がりを見せるアレンジが、よりメロディの美しさに拍車を架けた、自分の「 心地好さ 」のツボにハマりまくりの1曲。

 自身の「 ハバナ旅行 」がきっかけとなり、コーズが曲を書き上げた  では、パーカッションのリズムに、(おそらくソプラノ・アルト・テナーの3種類の)Saxをオーバー・ダビングさせる手法を用いて 、たった2人で見事なまでに「 ビック・バンド 」形式で演奏される類の「 キューバン・ミュージック 」を表現しています。

 「 Marc Antoine 」以外にも、 で、美しくも切ない「 ミュート・プレイ 」でコーズとのアンサンブルを聴かせてくれるトランペッターの「 Chris Botti 」や、ピアノ以外に「 ストリングス・アレンジ 」も担当している  で参加の「 David Benoit 」など、ゲストプレーヤーも多彩で豪華です。

 又、  や  と同じ位、個人的にお気に入りのナンバーである  や、同系統の  、  などの様な、甘美でロマンティックなメロディを得意とするSaxプレーヤーとして「 Kenny G 」と同列に語られる事が多いコーズですが、うねる様な独特の「 ヴィブラート 」が印象的な特徴として残る「 Kenny G 」と違い、コーズの「 ヴィブラート 」は小刻みに震わすタイプなので、あくまで自分としては・・・ですが、コーズの方が素直にメロディを受け入れられる感じがします。

 普段聴き以外にも、収録曲の中では、 辺りの、オーバーペースにならない程度に、程好く軽快なテンポのナンバーを、自分の「 ジョギング 」中に聴く音楽としてセレクトしていますが、現在のところ、就寝時に聴く「 Lullabys for 俺 (笑) 」として、最も重宝しているアルバム「 The Dance 」に対する自分の評価は、勿論「 ★★★★★ 」です。

※ 追記
 せっかく自分が当ブログ中断中に、「 FC2ブログ 」でも「 YouTube動画 」が簡単にUP出来る様になったので、  のライブ映像を貼っておきます♪

「 Together Again/Dave Koz 」







ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。