日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AOR と SmoothJazz の相関性?
2009-05-17-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 先日部屋の掃除と、ここ半年位で急激に増えた(失笑)手持ちのCD等の整理などをしていたら、まったく所持していた覚えのない、「 都会的な雰囲気の大人のお洒落な音楽 」という意味では「 SmoothJazz 」と共通するジャンル「 AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック) 」のアルバムが2枚出てきました。


「 Heart Of Mine/Bobby Caldwell 」
     



「 Blue Pacific /Michael Franks 」
  



 後で実際に聴いてみたら、ほぼ全ての曲に聴き覚えがあったので、おそらく女の子がクルマに同乗している時に流すのにちょうど良いという100%不純な動機(失笑)で、自分が昔購入したものに間違いないと思われます。 (´~`ヾ)

 「 Heart Of Mine 」のクレジットを見てみると、少し演奏部分を聴いただけで「 あっ!コーズだ・・・ 」と自分にも分かってしまう位w特徴の有るプレイをしている「 Dave Koz 」の他に、同じくスムース・ジャズ界の人気サックス・プレーヤー「 Richard Elliot 」の名前が!?

 コーズは勿論、「 Boney James 」や「 Michael Lington 」がコールドウェルのバンドに居た事は知ってましたが、同じくバラード系が得意なエリオットも、エリオットのリーダー作にコールドウェル自身が楽曲を提供しているようですし、好みのプレーヤーの一人なのでしょうね♪♪

 更に「 Blue Pacific 」の方には、プロデューサーの「 Jeff Lorber 」を始め、「 Joe Sample 」「 Larry Carlton 」「 Ray Parker Jr. 」などクレジットに大物の名がズラリと並んでおり、改めて「 Fusion・SmoothJazz 」と「 AOR 」の関わりの深さを再認識した次第です。

 只、「 R&B 」に対しても同じ事が言えそうですが、いくら影響を受けているとは言え「 AOR 」の曲の歌の部分をサックスに変えれば、まんま「 SmoothJazz 」になりそうな曲が多いと言うのは・・・・・禁句かな(笑  ミ(ノ;_ _)ノ =3 ドテッ



「 Bobby Caldwell - All or Nothing At All 」

(サックスは「 マイケル・リントン 」です)





ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
初めまして
コメント五郎兵衛・風来坊 | URL | 2009-05-19-Tue 23:27 [編集]
今晩は、五郎兵衛・風来坊と申します。
仰る通りAORとSmooth-Jazzの共通項は多いですね。
確かにBobbyは偉大であると思います。これは凄いですね。

あ、また、Chris Bottiを育て上げたStingも忘れないで欲しいです。Chrisの初期作品はBritish -Rockに近いです。これもお勧めです。よろしくお願い申し上げます。
>五郎兵衛・風来坊 さん
コメントkick | URL | 2009-05-20-Wed 23:33 [編集]
始めまして♪コメント有難う御座います。  <(_ _)>

スティングって、自分はポリスのイメージが強いですが・・・・・
あっ!「Englishman In NewYork」なんてモロAORって感じですね。

クリス・ボッティはラジオで時々聴いた位しか馴染みは無いですが、
初期の頃はブリティッュ・ロック・テイストだったとはビックリ!です。
近い内にチャンと聴いてみようかと!?

他の音楽ブローガーさんと比べても明らかに貧弱な、
自分程度の知識で運営しても良いのか?と迷いつつも、
当分は頑張って続けていくつもりの拙い内容のブログですが、
五郎兵衛・風来坊さんからも色々御教授頂きながら、
これから親しくして頂ければ幸いです。
コメントMusicman | URL | 2009-05-27-Wed 23:35 [編集]
五郎兵衛・風来坊さんがおっしゃる様に、AORとSmooth Jazzは非常に密接な関係のジャンルですよね。
上記2枚のアルバムはその見本の様な例。
中でも「マイケル・フランクス」のこのアルバムは、参加ミュージシャンも含めて本当にSmooth Jazz寄りの作品だと思います。
『Sleeping Gypsy』の次に好きなアルバムですし・・・。
でも、AORにも興味がわいたら、財布が寒くなるので程ほどに(笑)。
>Musicman さん
コメントkick | URL | 2009-05-28-Thu 23:08 [編集]
> でも、AORにも興味がわいたら、財布が寒くなるので程ほどに(笑)

そうなんですよぉ!
今月はGWと母の日のお陰?で超金欠(涙)なのに、
来月も、かなりの出費になりそうなイベントが待ち構えてまして。

なのに、AOR(ピーターセテラとか)も気になりだした上に、
前から欲しかった純ジャズのアルバムが何枚か再販されるので、
こうなったらナケナシの貯金を・・・・・

とも思いましたが、幸い?このところ仕事とかで忙しいので、
あまり余計な事は考えないようにしてます(爆
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。