日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sax-A-Go-Go/Candy Dulfer
2009-05-31-Sun  CATEGORY: CDレビュー(Candy Dulfer)



 現在「 iTunes 」での取り扱いは御座いません。
  全曲
「 @TOWER.JP 」サイト内にて試聴可能です。

1. 2 Funky 2. Sax-A-Go-Go 3. Mister Marvin
4. Man in the Desert 5. Bob's Jazz 6. Jamming
7. I Can't Make You Love Me 8. Pick Up the Pieces
9. Compared to What 10. Sunday Afternoon




 世界的なビック・セールスによって「 Candy Dulfer 」の人気を不動のものとした「 1993年 」リリースの、いかにもキャンディーらしいタイトルの付いた「 2ND リーダーアルバム 」です。

 ゲスト・プレーヤーとしてバックを勤める人気ベテラン・ファンク・バンド「 Tower of Power 」のホーンセクション達の伴奏に乗り、気持ち良さげにリード・パートを勤める、キャンディー定番のポップでダンサブルなファンキー・ナンバー  で始まります。

 以前「 日産自動車 」のCMソングにも採用されたタイトル・チューンの  は、キャンディーのライブにおける定番であり、後の作品にも多々登場する「 サンプリング 」や「 ラップ 」などの「 ヒップホップ 」的要素を取り入れた、まさにタイトル通りイケイケ(go-go)なダンス・チューン。


「 2. Sax-A-Go-Go 」



 2曲イケイケ(go-go)なダンス・チューンが続いた後は、終始ドラムが刻み続ける8ビートのリズムが印象的なバラード  、アフリカ音楽の様な出だしで始まり、不思議な声のバックコーラスが独特な雰囲気を醸している  と、共に妖艶な感じのするブルージーなナンバーが2曲続き、再び  では、ポップなメロディラインのダンサブルなファンキー・ナンバーへ戻ります。

 そして、このアルバムに於けるメインゲストともいえる「 Maceo Parker 」を始めとする、ソウルの帝王「 James Brown 」のバックを勤めるホーン・セクション「 JB’s 」の面々が参加している   は、ボーカルをフューチャーした、将にJBにも負けてない(?)ファンクの王道とでも言うべきナンバー。

 「 イケイケのファンキーSAXプレーヤー 」というイメージのキャンディですが、但し彼女の奏でる音自体は、比較的クセの無い、どんなタイプの楽曲にも合いそうな音色なので、いかにも日本人好きのするマイナー調のメロディアスなバラード  の様な曲を聴いても、彼女の魅力は十分伝わります。

 とは言え、やはり「 ジャズ・ファンク 」色の強いナンバーを得意とするキャンディが、間違いなく多大な影響を受けたであろう人気ファンク・バンドの「 Average White Band 」の「 1974年 」の大ヒット・ナンバーをカヴァーした  では、水を得た魚の如く、気持ち良さげなプレイを聴かせてくれます。


「 8. Pick Up the Pieces 」



 そしてボーカル入りのファンキー・スタッフ  の後、このアルバムのラストを飾る  は、盟友(?)「 Prince 」に楽曲提供された、いかにもプリンスらしい美しさと妖艶さを兼ね備えた至極のバラードで、またキャンディの違った魅力を感じられるナンバーになっていると思います。

 「 ヒップ・ホップ 」などの他ジャンルのダンス・ミュージックのエッセンスを取り入れ、「 David Sanborn 」などとは一味違ったポップでダンサブルな「 ファンキー・フュージョン 」を(プロデューサーの「 Ulco Bed 」の力も大きいでしょうが)早くも2作目で確立した感の有る「 Sax-A-Go-Go 」。

 もし、このアルバム入ったならば、自分と同じく「 Candy Dulfer 」のとりこになる事請け合い!?の「 Sax-A-Go-Go 」に対する評価は、ほぼ満点の「 ★★★★☆ 」を付けさせていただきます。






ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック1 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
Pick Up The Pieces/Candy Dulfer
トラックバック本日の1曲目 2009-06-29-Mon 22:14
1993年にリリースされたアルバム『Sax-A-Go-Go』に収録。Candy Dulfer(キャンディ・ダルファー)は、オランダ・アムステルダム出身の女性サックスプレイヤー。父の影響で6歳からサックスを初めて、14歳で自身のバンドを結成。その後、Princeのライブやレコーディングに参... [続きを読む]
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。