日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バラードとブルースの夜
2009-06-07-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 この時期に有難い事なのでしょうが、先月後半は仕事で多忙の上に、知人からの或る頼まれ事を安請け合いしてしまったせいで、自分の為の余暇時間は激減し、日課の「 ジョギング 」も普段の公園内ではなく、ほぼ1日おきに自宅周辺を20~30分走る程度でお茶を濁しちゃいました。 ヽ(ー_ー )ノ

 ゆっくり音楽を聴ける時間も、自宅から職場への行き帰りの通勤中の車の中か、後はせいぜい日曜の夜の就寝前の数時間位しか無かったのですが・・・・・そんな心身ともに疲れ果てていて何もする気が起きなかった休日の夜でも、何かしらの音楽が欲しくなった自分は「 SmoothJazz 」でも「 Fusion 」でも無く、シンプルな「 ピアノ・トリオ 」編成のストレート・ア・ヘッドな「 Jazz 」のバラードが聴きたい気分だったので、そこで選んだアルバムは?

 去年の年末にも新作「 Guitars 」をリリースし、今年の「 東京JAZZ 」出演も決定している、70歳を過ぎた現在でも現役バリバリで活躍中の「 McCoy Tyner 」のピアノ・トリオによる、まだ「 John Coltrane 」のグループに在籍中だった「 1963年 」にリリースした


 「 Nights of Ballads and Blues 」
  icon


「 Satin Doll/McCoy Tyner Trio 」




を聴いて癒されてました。  (〃⌒ー⌒〃)♪♪
   (・・・・・といっても、やはり他の事は何もする気が起きませんでしたがw)。

 マッコイの60年代の作品では、何と言っても「 Blue Note 」から「 1967年 」に発売された「 The Real McCoy 」が世界中のジャズファンに評価が高いですが、何故か日本ではジャズファンなら良く御存知の筈の「 Satin Doll 」「 Round Midnight 」等のスタンダード・ナンバーばかりを収録したこのアルバムの方が人気が有るようで、かく言う自分も10年以上聴き続けている愛聴版です。

 収録曲のひとつ「 Days of Wine and Roses 」に関しては、同じ「 ピアノ・トリオ・ジャズ 」の歴史的名盤「 Oscar Peterson 」の「 We Get Requests 」内のテイクが自分は大好きなのですが、このピーターソンとは一味違ったバラードっぽいアレンジのややスローなテンポで演奏しているマッコイの「 Days of Wine and Roses 」も同じ位気に入ってます。

 はっきり言って弾き方にかなりクセのあるマッコイですが、このアルバムに関しては、却ってそれが良い雰囲気を醸し出している気がしますし、一般的に「 ピアノJazz 」は初心者向きでは無いとされますが、この「 Nights of Ballads and Blues 」なら、あまりジャズに馴染みの無い方でも聴き易いのではないかと自分は思います。

 この記事を御覧頂いた皆様にも、たまには休日も終わりを迎えようとしている夜に上質の「 Jazzバラード 」を聴きながら黄昏気分に浸ってみるのも悪くないと思うのですが、如何でしょうか?  (oー_ーo) ~♪






ご迷惑で無ければ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。