日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また一人の巨星が逝く・・・
2011-06-11-Sat  CATEGORY: 日記(音楽)
 前回も少しだけ言いましたが、先月の仕事の忙しさも一段落した頃、以前「 脳溢血 」で倒れてから身体の殆どが不自由になり、以来ずっと入院を余儀なくしていた伯母が亡くなりました。

 勿論子供の頃から何かと可愛がってくれた伯母が居なくなってしまった悲しみや寂しさも感じましたが、それ以上に身体は動かないし、話す事も出来ず、想像しがたいほどの辛さで長いこと病院のベットで過ごしていたであろう伯母だったので、「 やっと楽になれて良かったね・・・ 」という気持ちの方が強かったのも偽らざる心境でした。

 自分がこの悲報を知ったのは今月に入ってからのことだったのですが、自分の伯母と同じ先月にNYフュージョンの全盛期を牽引した伝説のスーパーグループ「 Stuff(スタッフ) 」


スタッフ!!

     Stuff - スタッフ


のギタリストだった「 Cornell Dupree(コーネル・デュプリー) 」が「 肺気腫 」による闘病生活の末、「 68歳 」でこの世を去りました。 -合掌-

 「 Stuff(スタッフ) 」加入以前から売れっ子スタジオミュージシャンだった「 Cornell Dupree(コーネル・デュプリー) 」なので、メインワークとして様々なジャンルのアーティストの作品にサイドマンとして参加していましたが、「 Stuff(スタッフ) 」解散後には「The Gadd Gang(ザ・ガッド・ギャング)」のメンバーとしてやソロ活動なども精力的に行い、現状では


Double Clutch




が「 Cornell Dupree(コーネル・デュプリー) 」名義での最後のアルバムとなってますが、近日10年以上振りのリーダー作かつ遺作となる作品が日米でリリースされる予定だそうです。

 これで既に故人である同じギタリストで主にリードパートを担当し、ブルージーなプレイが魅力だった「 Eric Gale(エリック・ゲイル) 」と、未だ彼を超える使い手は存在しないと言われる程の「 Roase(ローズ)ピアノ 」の名手だった「 Richard Tee(リチャード・ティー) 」に加え、更にデュプリーまで逝ってしまった為に「 Stuff(スタッフ) 」のオリジナルメンバーの内の半分にあたる3人が、もうこの世には居ないという寂しい事態になってしまいましたが・・・・・

 それでも彼らは我々に素晴らしい作品の数々を残して天国へ旅立ってくれたので、その偉大なる遺産とも言うべきアルバムをこれからも尊敬と感謝の念を忘れずに愛聴し続けていきたいと思います。


 「 Stuff's Stuff/Stuff(Live) 」







ポチ♪ぷり~ず!

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。