日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Feel Like Makin' Love
2013-02-10-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 最近流行っていると随所で聞いてたので、出来るだけマメに手洗いやうがいを実行するなど予防には気を付けていたつもりだったのですが、自分も先月末ついに「 インフルエンザ 」に罹ってしまいました。 (( >Д<;)) クッ クルシイ・・・

 お陰様で未だ身体のダルさは多少感じつつも現在はほぼ完治し、先週の金曜から仕事にも復帰して昨日までの2日間で休み中に溜まってた仕事も無事処理出来ましたが、まだまだ世間では「 インフルエンザ 」の流行は続いてる様なので、特にワクチン未接種の方はくれぐれも用心して下さい。

 今から思えば自分でも「 オーバーなwww 」と思いますが、今回患った「 インフルエンザ 」での自宅療養中で一番苦しかった時は「 俺、このまま死ぬのかも・・・? 」などと考える位、普段の生活に欠かせない程好きな音楽ですら楽しむ余裕は無かったですが、多少回復してベットの中でTVを見たりラジオやCDを聴けるようになった頃、ふと流れてきたのが「 ロバータ・フラック(Roberta Flack) 」の懐かしのナンバー「 Feel Like Makin' Love 」。


 「 Feel Like Makin' Love / Roberta Flack 」


 

Feel Like Makin Love

     Feel Like Makin' Love - ロバータ・フラック


 「 ロバータ・フラック(Roberta Flack) 」に関して一部のコアなブラックミュージック好き(?)からは「 ソウルフルが足りない 」などと酷評される事もあるみたいですが、自分には曲調に関係なく彼女の歌声からは透明感と一種の癒しの様なモノが感じられる点が常に魅力で、昔から好きなソウル系女性シンガーの一人です♪

 そんな「 ロバータ・フラック(Roberta Flack) 」の代表曲といえば、自分にとっても彼女を知るキッカケだったと記憶している「 Killing Me Softly with His Song 」


 「 Killing Me Softly with His Song / Roberta Flack 」


 

Killing Me Softly

     Killing Me Softly - ロバータ・フラック


や、又、我が師匠w「 アール・クルー(Earl Klugh) 」が1999年にリリースしたアルバム「 Peculiar Situation 」でゲストシンガーとして参加しているなど、他アーティストとの共演も多い人なので、「 ダニー・ハサウェイ(Donny Hathaway) 」との「  Where Is The Love  」や、「  ピーボ・ブライソン(Peabo Bryson) 」との「 Tonight, I Celebrate My Love 」辺りのデュエット曲を思い浮かべる方が多いと思います。


 「 Where Is The Love / Roberta Flack & Donny Hathaway 」


Roberta Flack & Donny Hathaway

     Roberta Flack & Donny Hathaway - Roberta Flack & Donny Hathaway


 「 Tonight, I Celebrate My Love / Roberta Flack & Peabo Bryson 」


 

Born to Love

     The Very Best of Roberta Flack - Roberta Flack
※ 上のiTunesバナーは『Tonight, I Celebrate My Love』を含んだベスト盤『The Very Best of Roberta Flack』へリンクしています


 それらの大ヒット曲と比べれば「 Feel Like Makin' Love 」は、知名度という点では1ランク落ちる?かもしれませんが、正確に調べたり数えたりした訳では有りません(苦笑)が、おそらく現在自分が所持している様々なジャンル・アーティストのアルバムの中で、彼女のオリジナル曲のカヴァーで一番多いのは「 Feel Like Makin' Love 」で間違いないと思われます。

 その中で当方が真っ先に思い浮かんだのは、73歳になった現在もスムースジャズ界のスーパーグループ「 フォープレイ(Fourplay) 」を始め、精力的に様々な活動を続けている、日本のネット上では「 ボブ爺w 」の愛称で親しまれているフュージョンピアニスト・キーボードプレイヤー「 ボブ・ジェームス(Bob James) 」が1974年に自身初のソロ名義のアルバムとして発表した「 One 」に収録されたインスト・カヴァーなのですが・・・・・


 「 Feel Like Makin' Love / Bob James 」



 残念ながらフュージョン・スムースジャズ史に多大な功績を残し続けているボブ爺の記念碑的作品である「 One 」まで現在CDは廃盤扱い(怒)かと思いきや、今は「 One 」からソロ4作目の「 Bj4 」までの4作品を2枚組CDに纏めたお得な再販盤が絶賛発売中なので、未聴の方は是非!


 

One, Two, Three & Bj4: The Legendary Albums








下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。