日課の「 ジョギング 」と、その最中に主に聴いている音楽ジャンルの「 フュージョン・スムースジャズ 」といった話題を中心に、WEB上で広告を見たりアンケートに答えるだけでお小遣いが貰える「 サイト稼ぎ 」の話題なども少々。気になることを気ままに語ります
ジョギングしながら聴く smooth jazz
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
至高のビートルズcover
2013-02-24-Sun  CATEGORY: 日記(音楽)
 Jazzというジャンルが確立した20世紀前半から現在までの数多くの歴代ジャズメン達に取り上げられ、Jazzに於いては定番化した楽曲を「 Jazzスタンダード・ナンバー 」と呼びますが、それらの中には「 Round Midnight 」や「 straight no chaser 」など多くのスタンダードを生み出した「 セロニアス・モンク(Thelonious Monk) 」作のナンバーの様に、初めからJazzで演奏する為に作られた曲も有りますが?


 「 Round Midnight / Thelonious Monk 」



Thelonious Himself

     Thelonious Himself - セロニアス・モンク


 「 Jazzスタンダード・ナンバー 」と呼ばれる曲の大半は、元々はJazz以外のジャンル、特に多いのは「 映画の主題歌 」や「 ミュージカル曲 」だったりします。

 これは誰もが知ってる有名な曲をJazz風にアレンジし、それをどう演奏するかがジャズメン達の重要な腕の見せ所のひとつで、かつ当時のヒット曲が「 Jazzスタンダード・ナンバー 」化していった20世紀前半頃に於いて、それらが「 映画の主題歌 」や「 ミュージカル曲 」から多く生まれていた為でしょう。

 ですから当ブログのメインテーマ「 SmoothJazz 」でも、大抵の作品には他ジャンルの有名ヒット曲のカヴァーが収録され、更に全曲カヴァーのアルバムも珍しくないのは、古き良き時代のJazzの系統を受け継ぐジャンルとして当然の事と自分は考えます♪

 ここまで自分ごときニワカに毛の生えた程度の奴が偉そうな事を長々と語ってしまいました(汗)が、多くの「 Jazzスタンダード・ナンバー 」が誕生したアコーステックJazzの全盛期が過ぎ、徐々にJazzが電子化していった1960年代以降で世界的なヒット曲を数多く生み出した代表的アーティストと言えば?、あの「 ザ・ビートルズ(The Beatles) 」である事には賛同頂けると思うのですが・・・・・

 そして自分が思うに「 ザ・ビートルズ(The Beatles) 」の数あるヒットナンバーを最もカヴァーしているJazzミュージシャンは、やはり「 ジョージ・ベンソン(George Benson) 」ではないかと思います。

 当方が知っているベンソンさんのビートルズ・カヴァーの中には、間違っても平凡作だとか、況して駄作などとフザケたことを考えてしまう様なテイクは1つたりとも有りませんが、それでも個人的に「 コレが一番でしょう♪ 」と思うのが、1989年リリースのアルバム


Tenderly

     Tenderly - ジョージ・ベンソン


に収録の「 Here, There and Everywhere 」。


 「 Here, There and Everywhere / George Benson 」



 上のYouTubeを聴いて頂ければ御理解頂けたと思いますが、まずはピアノとストリングスの調べに乗せて本人が切々と唄いあげる「 ボーカル・パート 」で始まり、次にアレンジが変わって、決して間奏とかソロパートといった類ではない、これだけで充分1テイク作れたのでは?と思わせる「 インストロメンタル・パート 」を挟んで、最後にベースやドラムも加わっての「 ボーカル・パート 」に戻る構成の5分強のテイクです。

 勿論原曲の素晴らしさについては言うまでも無いですし、まして只でさえ1曲の中でベンソンさんの「 歌手&ギタリスト 」としての魅力を個別に味わえる、将に「 ジョージ・ベンソン(George Benson) 」魅力が全て詰まった贅沢なナンバーだと思います。

 本人同様まだアコースティック・ジャズが主流だった時代から活躍している「 マッコイ・タイナー(McCoy Tyner) 」や「 ロン・カーター(Ron Carter) 」といったレジェンド・プレイヤー達がサイドメンを勤める豪華さも含め、少なくても「 ジョージ・ベンソン(George Benson) 」の傑作の一つである事は間違いないであろう、今回取り上げた「 Here, There and Everywhere 」収録のアルバム「 Tenderly 」ですが、現在CDに関しては新品でも入手可能ですし、中古なら比較的手頃な価格で流通している様ですが?!

 「 Tenderly 」を含めた過去の5アルバムを纏めた最近ハヤり?のオトクなセットBOX


GEORGE BENSON 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET




も発売中で、このセットBOXの5アルバムの内「 Big Boss Band 」に関しては当方未聴なので何とも言えませんが、残りの4作品はベンソンさんが最も油が乗り切っていた70~80年代を代表する作品ですので、是非♪ ლ(╹◡╹ლ) オススメ♫します






下バナーをクリック♪で、主が大変喜びます!

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 ジョギングしながら聴く smooth jazz. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。